【裏技】6gramでPASMO(パスモ)へのチャージを還元率3%にする方法

【6gram】無料でPASMO(パスモ)のチャージを還元率3%にする方法

PASMO

普段使っているモバイルPASMO(以下、PASMO)は、チャージをクレジットカード経由にすると、クレカの還元率分だけ還元されることが知られています。

これまでは、PASMOにチャージする時は、Kyash+楽天カードといった還元率1%のクレカを連携させた、還元率2%が主流でしたが、最近還元率1%のKyashからPASMOへのチャージが還元対象外になってしまいました。

一方、10月6日からPASMOがApplePayに対応しました。

そのため、Suicaでも実施できたVisa LINEPayカード→6gram→(ApplePay/モバイルPASMO)→PASMOによって、無料でPASMOの還元率を3%にすることができます。

今回は、Visa LINEPayカードと6gramを使って、無料でPASMOの還元率を3%にする方法をご紹介します。

【必見|モバイルSuica/PASMOへの新たなチャージ方法とは⇩】

【必見】6gram+エポスカードゴールドで2.5%還元!モバイルSuica/PASMOへの新たなチャージ方法とは
エポスゴールドカードと6gramを組み合わせると、実質年会費無料で、常時2.5%還元になるという手法です。2021年4月末の、Visa LINEPayカードの3%還元の終了後に、この6gram+エポスゴールドカードの組み合わせがモバイルSuicaなどのチャージで大活躍すること間違い無しです。

【注意】対応端末はiPhone8以降

実はPASMOのApplePay対応が可能な端末は限られています。

iPhoneでは最新版のiOSがインストールされたiPhone8以降、Apple WatchはwatchOS7.0がインストールされたApple Watch Series 3以降(Face ID, Touch IDまたはパスコードが設定されているもの)となっています。

残念ながらApplePayが初搭載されたiPhone7は非対応なので注意してください。

【PASMO対応可のApple製品】

端末 対象機種
iPhone iOS14.0がインストールされたiPhone 8以降
Apple Watch watchOS7.0がインストールされたApple Watch Series 3以降(Face ID, Touch IDまたはパスコードが設定されているもの)

また、PASMOも種別によってApplePayへの取込可否が変わるので、こちらも注意してください。

ApplePayに移行(取込)可能なPASMOは、種類によって異なります。

【ApplePay対応可のPASMO】

ApplePayに移行可能 ApplePayに登録不可
  • 無記名PASMO
  • 記名PASMO
  • PASMO定期券
  • 小児用PASMO
  • 一体型PASMO
  • 一部の無記名PASMO(持参人式のバス定期券が付加されたもの)
  • 一部のPASMO定期券*(Apple PayのPASMOでの
    定期券発行に対応していないの事業者発行の定期券)
  • 企画券や乗車証を搭載したPASMO
  • 通学定期券(18歳未満)が付加されたPASMO定期券

PASMOのApplePayへの詳しい移行(取込)方法は、下記の記事をご参照ください。

【ついに!PASMOのApplePayへの移行方法はこちら⇩】

PASMO(パスモ)がApplePayに対応!移行(取込)方法やチャージ方法を紹介!
PASMOがApplePayに対応しました。PASMOをApplePayに移行(取込)する方法やチャージ方法を紹介します。PASMOをApplePayに移行(取込)することで、iPhoneやApple WatchでPASMO決済することができます。

6gram(ロクグラム)とは

6gram

6gram(ロクグラム)とは、mixiが運営するプリペイドカードアプリです。

【6gramのダウンロードはこちら】

アプリ内のプリペイドカードは、クレカや銀行口座からチャージすることで利用できます。プリペイドカードの発行ブランドは、JCBです。

アプリ内で複数枚プリペイドカードを発行することや、複数人で共有しながら利用するグループカードもあります。また、Google PlayとApplePayにも対応しており、今後はリアルカードも発行するようです。

【6gramの詳細記事はこちら⇩】

6gramとは?Kyashとの違いやメリット、招待からチャージ方法まで解説!
6gram(ロクグラム)とは、mixiが運営するプリペイドカードです。6gramは招待制ですが、現在は招待リクエストを送ればだれでも会員登録できるようです。6gram(ロクグラム)とKyashの違いやメリット、招待方法からチャージ方法まで6gram(ロクグラム)について解説しています。

6gramは招待制だけど…

6gram_招待

6gramは招待制となっています。

そのため、6gramへの招待をご希望の方は、キャッシュレスオタクまでDMをくれればすぐに招待いたします。

※すでに多くの方をご招待しています。

6gram公式から招待URLが来ない…

しかし、最近は公式から招待URLがこないという事例が頻発しているようです。

そのため、6gramへの招待をご希望の方は、キャッシュレスオタクまでDMをくれればすぐに招待いたします。

6gramへのチャージ方法

6gram_チャージ

6gramには4つのチャージ方法があります。

【チャージ方法一覧】

  • クレジットカード
  • 銀行
  • セブン銀行ATM
  • ApplePay

6gramにチャージできるクレジットカードは、VISAとMasterCardブランドのみです。JCBやAMEXカードからのチャージはできません。

また、チャージに使うクレジットカードは3Dセキュア認証に対応する必要があります。

なお、6gramのチャージに対応している銀行は、以下の6つです。

【チャージ可能銀行一覧】

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行

銀行のWebサービスを使い、銀行口座を紐づけするだけで、銀行口座から直接チャージできます。

他のキャッシュレス決済にはあまり対応していないことで有名な三菱UFJ銀行も利用できます。

6gramがPASMOチャージで注目される理由

Visa LINEPayカード

Visa LINEPayカードは、初年度年会費無料で初年度還元率が3%という非常におトクなクレカです。

そもそも、なぜ6gramが必要になるかというと、KyashからのPASMOやSuicaといった交通系ICカードへのチャージが還元対象外となっている一方、Visa LINEPayカードから6gramを経由したチャージは、還元対象になっているからです。

一部Twitterやサイトの情報で、Visa LINEPayカード→6gram→Suicaへのチャージで、LINEポイントが還元されることからSuica利用者間で6gramが広まりました。

そして今回、PASMOがApplePayに対応したことで、Visa LINEPayカード→6gram→(ApplePay)→PASMOへのチャージが可能となったため、PASMOでもSuicaと同様に、無料で3%還元チャージが可能となりました。

【裏技】6gramでSuicaへのチャージを還元率3%にする方法
6gramでSuicaへのチャージを還元率3%にする裏技です。6gramはmixiが発行するプリペイドカードです。招待制ですが招待リクエストを送ると発行できます。6gramにVisa LINEPayカードからチャージした後、6gramからSuicaにチャージすることで実質的にチャージ額が3%還元がされます。

Kyashと6gram

Kyash

6gramは、プリペイド型カードとして有名なKyashに似ています。

これまで、6gramへKyashにチャージすることはできませんでした。

なぜなら、6gramにチャージできるのは、3Dセキュア認証に対応したカードのみだからです。

しかし、11/17(火)よりKyashが3Ⅾセキュア認証に対応したため、Kyashから6gramへチャージすることが可能となりました。

そのため、クレカ(1%還元のような楽天カード)→Kyash(1%還元)→6gramへの連携が可能となりました。

特に楽天ペイからSuicaへのチャージは0.5%還元ですが、この方法を使えば楽天カード(1%)→Kyash(1%)→6gram→Suicaへの流れで2%還元でSuicaにチャージできます。

つまり、楽天カードで楽天キャッシュにチャージ(0.5%)→楽天キャッシュを使い楽天ペイでSuicaにチャージ(0.5%)の合計1%還元よりもこちらの方がおトクです。

Kyashが3Ⅾセキュア認証に対応!6gramへのチャージ可能で2重取りも実現
Kyashが3Ⅾセキュア認証に対応しました。そのため、Kyashから6gramなどへのチャージが可能となりました。この記事では、Kyashの3Ⅾセキュア認証の方法や、Kyashから6gramへのチャージやポイント2重取りの方法などを解説します。

6gram→Kyashへのチャージは不可

他方、Kyashへ6gramからチャージすることはできません。

なぜなら、Kyashにチャージできるのは、VISAかMasterCardブランドのカードのみであり、6gramはJCBブランドであるからです。

つまり、6gramとKyashを組み合わせてポイント二重取りをすることはできません。

Visa LINEPayカードとKyash以外に6gramにチャージ可能な3Ⅾセキュア対応済みのおススメクレカは、還元率1.2%のリクルートカードや、還元率1%の楽天カードです。

【6gramとKyashの比較記事はこちら⇩】

6gramとは?Kyashとの違いやメリット、招待からチャージ方法まで解説!
6gram(ロクグラム)とは、mixiが運営するプリペイドカードです。6gramは招待制ですが、現在は招待リクエストを送ればだれでも会員登録できるようです。6gram(ロクグラム)とKyashの違いやメリット、招待方法からチャージ方法まで6gram(ロクグラム)について解説しています。




6gramを使ったPASMOへのチャージ方法

モバイルPASMO

では、実際に6gramの発行からPASMOまでのチャージ方法を解説していきます。

6gramから参加リクエストを送信して会員登録

6gram_招待

まずは、6gramのアプリをダウンロードし会員登録をしましょう。

6gramは表向きは招待制となっていますが、現在は電話番号を入力しリクエストを送信すると、1日ほどで招待SMSが送られてきます。

招待状は上の画像のようにレシートのようになっていて面白いです。

送信されたSMSの指示に従って、会員登録を完了させてください。

※もし招待が必要な場合、キャッシュレスオタクまでDMを送っていただければ招待いたします。

6gramでプリペイドカードを準備

6garm_プリペイドカード

会員登録が完了したら、Suicaのチャージに使うプリペイドカードを準備します。

6gramは用途ごとに、プリペイドカードを自由に発行できます。

まずは、デフォルトで発行されている「1gram」というプリペイドカードを使用しましょう。

Visa LINEPayカードを6gramに紐付け

6gram_Visa LINEPayカード_紐付け

 

次に、6gramにVisa LINEPayカードを紐づけます。

プリペイドカードのチャージを選択し、チャージ元を「クレジットカード」に指定します。

その後、Visa LINEPayカードのクレカ情報を入力し、3Dセキュア認証手続きを済ませてれば、紐づけ完了です。

紐付け完了後、1,000円以上をSuicaにチャージしてみましょう。

PASMOに6gramからチャージ

モバイルPASMO

最後に、6gramからPASMOにチャージします。

PASMOにチャージする方法は、以下の2つです。

❶ApplePay/GooglePay経由でチャージする

6gram_ApplePay

6gramは、ApplePay/GooglePayに対応しています。

6gramをApplePay/GooglePayに連携させるには、「カード設定」から「6gramカードをiPhone/Androidに追加する」を選択し、ApplePay/GooglePayアプリ先で連携手続きをしてください。

モバイルPASMOもしくはApplePayに登録したPASMOカードに対し、ApplePay/GooglePayで6gramを選択し、入金(チャージ)金額を選択後、チャージすることができます。

ApplePay/GooglePay経由でチャージする時は、6gramで発行されたJCBのプリペイドカードをチャージ元に選択することを忘れないようにしてください。

※ApplePayの支払い方法は、「設定」→「WalletとApplePay」から確認できます。
※ApplePayのデフォルトの支払い設定は、「設定」→「アカウント」→「支払いと配送先」を開いて一番上にあるクレカです。編集機能でカードを移動させることで変更できます。

❷6gramから直接チャージする

6gram_Suica_チャージ

ApplePay/GooglePayが利用できないユーザーの場合は、モバイルPASMOを使います。

チャージ元に6gramのプリペイドカード情報を登録し、6gramからチャージします。

カード情報を確認する場合は、トップページからカードを選択後、右下にあるインフォメーションマークをタップすると、カード情報が表示されます。

カード情報を直接Suicaに入力し登録することで、チャージ元として設定できます。

Visaタッチ(ビザタッチ)とは?Visaタッチ(ビザタッチ)のメリットや使えるお店、使い方、オススメのクレカを解説!
Visaタッチ(ビザタッチ)とは、Visaカードに搭載されたタッチ式の非接触式決済です。Visaタッチ(ビザタッチ)は1万円以下の決済であればサインや暗証番号入力は必要ありません。Visaタッチ(ビザタッチ)の使えるお店にはローソンやセブン、マックがあります。Visaタッチ(ビザタッチ)のメリットや使い方、おススメクレカをご紹介します。


6gramが還元対象外になる可能性

10月7日(水)時点のチャージでは還元対象

Visa LINEPayカード_Suicaチャージ

10月7日(水)時点で、Visa LINEPayカード→6gramでSuicaにチャージした分のLINEポイントが還元されました。

※6gramへのチャージは、LINEPayの履歴上で6gram運営の「ミクシィ」と表記されます。

SuicaがNGになった場合は、同時にPASMOも還元対象外となる可能性があるでしょう。

ちなみにLINEポイントは決済日から数日経つとポイントが還元されるため、チャージ日から還元日までにギャップが生じます。

実は、本来Visa LINEPayカードは「プリペイドカードへのチャージ」を還元対象外としています。

そのため、いずれ6gramへのチャージが対象外となる可能性もあるので、注意してください。

Suicaが入場券に!?JR東日本の「タッチでエキナカ」は3月11日開始
「タッチでエキナカ」とは、Suicaなどの交通系ICカードが入場券になるサービスです。事前登録などは必要ありません。3月13日以降は、Suicaなどの交通系ICカードを改札機にタッチすると、2時間以内であれば同一駅で入退場が可能となります。「タッチでエキナカ」を利用した場合、通常の入場券と同額(140円もしくは150円)がSuica残高から自動的に精算されます。