PontaとauPAYの連携方法を解説!Pontaカード提示方法やポイント2重取りの方法も!

auPAYとPontaが連携可能に

auPAY_Ponta

5月21日(木)から、auPAYのau WALLETポイントが、Pontaポイントに変更されました。

それに伴い、PontaポイントをauPAYアプリへ連携することが可能となりました。

発行済みのPontaカードをauPAYに連携することで、手持ちのPontaポイントをauPAY内のPontaポイントと移行できます。

さらに、PontaポイントをauPAY残高にチャージすることができるなど、Pontaポイントの使い道がさらに広がりました。

本記事では、auPAYとPontaの連携によるメリットや連携のやり方、さらにポイント2重取りの方法を解説していきます。

【最新|10月のauPAYキャンペーンまとめ!】

【auPAY】Ponta連携で1,000円もらえる!さらにローソン利用で3%~10%還元も!
10月1日からauPAYでは、Pontaやローソンと連携したキャンペーンを3つ開始しました。特に初めてauPAYを始めるユーザーをメインとしたキャンペーン内容が多いですが、auもしくはUQ mobileユーザーであれば、最大10%還元も狙うことができます。この記事では、3つのキャンペーン内容をそれぞれ解説していきます。

auPAYとPontaの連携によるメリット

aupay

auPAYとPontaの連携によるメリットは以下の3つです。

  1. auPAYアプリからPontaカードを提示可能に
  2. auPAYでPontaポイントの2重取りが可能に
  3. auPAYにPontaポイントがチャージ可能に
  4. Pontaポイントの有効期限が延長

auPAYからPontaカードを提示可能に

auPAY_統合

また、発行済みのPontaカードをauPAYに連携すると、auPAYアプリから直接Pontaカードを提示できます。

これまで、物理カードもしくはPontaアプリと、auPAYカードは別々だったため、それぞれ提示する必要がありました。

今回の連携によりPontaカードやアプリをいちいち提示する必要がなくなるため、ユーザーにとって非常に便利です。

auPAYでPontaの2重取りが可能に

Ponta_二重取り

さらに、今回の変更で注目すべき点は、Pontaポイントの2重取りができる点です。

ポイントを2重取りするためには、以下の手順を踏む必要があります。

  1. Pontaカードを提示
  2. auPAYで決済

まず、Pontaカードの提示で100円or200円ごとに1ポイント貯まります。

さらに、auPAYでの決済で、200円につき1ポイント貯まります。

還元ポイント
Pontaカード 1~2ポイント(100円or200円ごと)
auPAY 1ポイント(200円ごと)
合計 2~3ポイント

つまり、200円の支払いでPontaポイントが2ポイントor3ポイント貯まります。

加えて、auユーザー向け特典である毎月3・13・23日の「三太郎の日」に、auPAYの利用で還元率がさらに上がり、より多くのPontaポイントを貯めることも可能です。

【auPAY】auPAYの登録方法、使い方、加盟店をシンプルに解説!
auPAYの登録方法や使い方、チャージ方法などを紹介しています。他にも気になるauPAYの還元率やチャージする時の注意点についても解説しています。auPAYはauユーザー以外でも使えるスマホアプリです。

auPAYにPontaポイントがチャージ可能に

auPAY_Ponta_チャージ方法2

auPAYに連携したPontaカード内のPontaポイントをauPAYにチャージできるようになりました。

チャージしたPontaポイントは、auPAY残高として利用できます。また、auPAYマーケットなどのauPAY以外のau関連サービスでも利用可能です。

チャージの最低単位は100円~のため、チャージには最低でも100円分のPontaポイントが必要です。

Pontaポイントの有効期限が延長

auPAY_Ponta_有効期限

これまでPontaポイントは、付与から1年間がポイント有効期限でした。

しかし、今回の連携からPontaポイントをためるもしくは使用すると、最終利用日もしくは加算日から1年後にPontaポイントの有効期限が延長されます。

つまり、各Pontaポイントの有効期限ではなく、最終利用日から1年後が、全てのPontaポイントの有効期限にリセットされるため、年1回以上の利用で有効期限を1年後に延長させることができます。

auPAYとPontaの連携のやり方

それでは、auPAYとPontaの連携のやり方を解説します。

【必要なもの】

  • auPAYアプリ
  • Pontaカード(物理カードorデジタルカード)
  • Ponta会員情報(生年月日と電話番号)

【連携のやり方】

  1. auPAYをアップデート
  2. Ponta連携を選択
  3. Pontaカード番号を入力
  4. Ponta会員情報を確認
  5. 連携完了

auPAY_Ponta_連携方法

auPAY_Ponta連携方法

まずは、auPAYアプリをアップデートしましょう。

【iOSユーザーはこちら
【Androidユーザーはこちら

TOP画面に新しく表示されたPontaのタブをタップ後、Pontaとの連携を選択します。

次にPontaカード番号を入力します。

最後のPonta会員情報の確認には、登録した生年月日と電話番号が必要です。
※複数回入力に失敗した場合、ロックがかかるので注意してください。

TOP画面下にPontaのポイントバナーが表示されれば、連携完了です。
※連携完了には少し時間がかかる可能性もあります。




auPAYにPontaを連携できない場合

auPAY_Ponta_エラー

auPAYにPontaを連携しようとするとエラーが出る場合があります。

連携時にエラーが出るのは、以下の2パターンです。

  1. au IDとPontaの会員情報が不一致
  2. 連携済みのPontaカードの変更ができない

ここでは、それぞれのエラーに対する対処法を解説します。

auIDとPontaの会員情報が不一致

auPAYとPontaの連携には、生年月日や電話番号を含むPontaの会員情報が必要です。

しかし、auIDとPonta会員情報の「生年月日」が不一致だった場合、エラーが発生します。

au ID会員情報の生年月日は変更ができないため、au ID会員情報をご確認し、同じものをPonta会員情報へ再登録する必要があります。

【対処方法】

  1. auPAYアプリ内のauID会員情報に記載された生年月日を確認
  2. Ponta会員情報の生年月日をauIDの同日に変更
  3. Pontaを再度連携

【auID会員情報の確認方法】

  1. auPAYアプリ起動後、左上のメニューを開く
  2. 下部「その他」内の「auID設定/ログアウト」を選択
  3. 「auID会員情報の確認・変更」を選択し、遷移後「お客さま情報」の生年月日を確認

連携済みのPontaカードの変更ができない

すでにauPAYに連携済みのPontaカードを別のPontaカードに連携する場合に、それぞれのPonta会員情報の「氏名カナ」「生年月日」「電話番号(ハイフン有無含む)」が不一致だと、エラーが発生します。

また、上記のパターンのように新しく連携させるPontaカードとauPAYの会員情報の「生年月日」が一致していない場合も、エラーとなります。

この場合は、新たに連携させるPontaカードの会員情報を修正することで対処できます。

【対処方法】

  1. auPAY会員情報or連携済みのPonta会員情報を確認
  2. 新しく連携したいPontaカードの会員情報を修正
  3. Pontaカードを再度連携

【auPAYにおススメのクレカはどれ?⇩】

【比較】auPAYのおススメのクレカまとめ!ポイント三重取りの方法も解説!
auPAYにおススメのクレカは、auPAYカード、リクルートカード、楽天カード、auPAYカードゴールド、エポスカードの5枚です。auPAY、Pontaカード、クレカの3つを組み合わせることで、ポイントの二重取りや三重取りが可能となります。




auPAYでのPontaカードの提示方法

auPAY_統合

auPAYに連携したPontaカードは、TOP画面の「Pontaカード」をタップすると提示できます。

提示したカードを閉じる場合は、下の「カードを閉じる」をタップします。

auPAYへのPontaのチャージ方法

auPAY_Ponta_チャージ方法

auPAY_Ponta_チャージ方法2

auPAYに連携したPontaポイントをauPAYにチャージすることができます。

チャージ額は100円単位で、チャージ可能金額は月額20,000円までです。

【Pontaポイントのチャージ方法】

  1. TOP画面の「チャージ」を選択
  2. ポイントチャージでチャージ額を入力
  3. チャージ額を確認して「チャージする」を選択
  4. 「ポイントチャージ完了」が表示されれば完了

また、チャージ額はau WALLET ポイント→Pontaポイント→auポイントの順で優先的に使用されます。

Visaタッチ(ビザタッチ)とは?ビザタッチの使い方や加盟店、オススメのクレカを解説
VisaタッチはVisaカードのタッチ式決済機能です。Visaタッチの使い方は決済端末にタッチするだけで、暗証番号不要でサインは不要です。また、Visaタッチの加盟店には飲食店のマクドナルドやスーパーのイオン、コンビニのローソンや6月から加入するセブンイレブンがあります。




【知っておきたい!auPAYにおススメのクレカはどれ?⇩】

【比較】auPAYのおススメのクレカまとめ!ポイント三重取りの方法も解説!
auPAYにおススメのクレカは、auPAYカード、リクルートカード、楽天カード、auPAYカードゴールド、エポスカードの5枚です。auPAY、Pontaカード、クレカの3つを組み合わせることで、ポイントの二重取りや三重取りが可能となります。

auPAYでPontaを2重取りする方法

auPAY_Ponta_二重取り

auPAYでPontaポイントを二重取りする方法は、auPAYに連携したPontaカードを先に提示してから、auPAYのコード払いをすることです。

【二重取り方法】

  1. TOP下の「コード支払い」を選択
  2. QR下のPontaカードを選択
  3. Ponta読み取り後、カードを閉じてauPAYで決済

Pontaカードの提示&読み取り後、auPAYで決済するという順序です。

auPAYのコード読み取り後に、Pontaカードを提示してもポイント加算されないことがあります。

必ず先にPontaカードを提示するようにしましょう。

auPAY×Ponta×クレカで三重取りも

auPAYとPontaカードを連携・決済すると、ポイントの二重取りが可能です。

しかし、auPAY×Pontaカードでポイント三重取りをする方法があります。

それは、auPAYに他のクレカからチャージし、auPAYに決済することです。

例えば、還元率1%のクレカをauPAYにチャージして決済すると、

還元ポイント
auPAYカード(還元率1%) 1ポイント(100円ごと)
Pontaカード 1~2ポイント(100円or200円ごと)
auPAY 1ポイント(200円ごと)
合計 3~4ポイント

このように、ポイント三重取りが可能となります。

auPAYにおススメのクレカ

実は、auPAYにチャージできるクレカは限られています。

例えば、MasterCardやAMEXブランドのカードはどれでもチャージ可能です。

一方、VISAブランドはauPAYカードやセゾンカードなど合計8社、JCBはセゾンとTS CUBIC CARDの合計2社のみと、VISAとJCBブランドのカードには制限があります。

そこで、ここではauPAYにチャージ可能かつおススメのクレカをご紹介します。

  • auPAYカード
  • リクルートカード
  • 楽天カード

auPAYカード

auPAY_auPAYカード

還元率 還元ポイント 年会費 おススメ度
1%(100円=1ポイント) Pontaポイント 永年無料 ★★★★☆

まずauPAYにおススメのクレカは、auPAYカードです。

還元率1%に加え、auPAYにチャージするだけでPontaポイントが貯まります。

貯まったPontaポイントは、auPAYのチャージにも利用できるため、二重でPontaポイントをためることができます。

auPAYカードは1年以内に1回の利用があれば、実質年会費が無料になります。

発行可能ブランドはVISAとMasterCardの二種類で、どちらでもチャージ可能です。

現在開催中の新規入会キャンペーンで、最大10,000円分のPontaポイントがもらえます。

リクルートカード

auPAY_リクルートカード

還元率 還元ポイント 年会費 おススメ度
1.2%(100円=1.2ポイント) リクルートポイント(Pontaポイントに変更可能) 永年無料 ★★★☆☆

リクルートカードは、永年年会費無料に加え、還元率1.2%のクレカです。永年年会費無料のクレカの中で1.2%という比較的高い還元率をほこります。

貯まったリクルートポイントをそのままPontaポイントに交換可能なため、auPAYとの相性が非常に良いです。

発行可能ブランドは「VISA/MasterCard/JCB」の3種類ですが、auPAYにチャージできるのは「MasterCard」ブランドのみとなるので、注意してください。

しかし、1点だけ注意してほしいことがあります。

それは、リクルートカードからauPAYへのチャージは還元対象外であるということです。

そのため、リクルートカードの利用で貯めたリクルートポイントをPontaポイントに交換して、auPAYにチャージする方法がベストです。

今なら新規入会キャンペーンで、最大6,000円分のポイントがもらえます。

楽天カード

auPAY_楽天カード

還元率 還元ポイント 年会費 おススメ度
1.0%(100円=1ポイント) 楽天ポイント 永年無料 ★★★★☆

楽天カードは、永年年会費無料に加え、還元率1.0%のクレカです。

貯まった楽天ポイントは、楽天市場や楽天ペイの支払いに利用できます。

こちらも発行可能ブランドは「VISA/MasterCard/JCB」の3種類ですが、リクルートカードと同様に、auPAYにチャージできるのは「MasterCard」ブランドのみとなるので、注意してください。

今なら新規入会で最大7,000円分のポイントがもらえます。

さらに、ポイントサイトmoppy経由で発行すると、合計で最大15,000円分のポイントがもらえます。

公式よりおトク?!LINEクレカ発行で3,000円もらう方法とは?
LINE(Visa LINEPayカード)は、とんねるずの石橋貴明さんのCMも流れ、今注目度が集まっています。現在、LINEクレカを新規発行すると、1,000円分のポイントが付与されます。しかし、実は1,000ポイントよりも高い3,000円分がもらえる発行方法があります。それは、ポイントサイト「moppy」経由でLIN




auPAY内のPontaの利用方法

auPAY マーケット

auマーケット_Ponta50%増量

au WALLETポイントのPontaへの変更と同時に、au Wowma!がauPAY マーケットに変更されました。

auPAY マーケットとは、auPAY等で貯めたPontaポイントを使って買い物ができるネットECです。

最大45%OFFなどの期間限定キャンペーンを頻繁に開催しています。au PAYに貯まったPontaポイントを1ポイント=1円分としてお買い物に利用できます。

auPAY ふるさと納税

Ponta_auPAY ふるさと納税

また「auPAY ふるさと納税」を使えば、Pontaポイントでふるさと納税もできます。

2,000円分のポイントがあれば、誰でもふるさと納税に申し込みができます。

【裏技】6gramでSuicaへのチャージを還元率3%にする方法
6gramでSuicaへのチャージを還元率3%にする裏技です。6gramはmixiが発行するプリペイドカードです。招待制ですが招待リクエストを送ると発行できます。6gramにVisa LINEPayカードからチャージした後、6gramからSuicaにチャージすることで実質的にチャージ額が3%還元がされます。