Suica対応の「Fitbit Charge4」の発売は’21年3月上旬、Suica、FitbitPay、Visaのタッチ決済が利用可能に

広告
広告

「Fitbit Charge 4」にSuicaが対応

2021年1月28日(木)にJR東日本から、3月上旬からFitbit社が提供するのウェアラブルデバイス「Fitbit Charge4」で、交通系電子マネーのSuicaが使えるようになることが発表されました。

「Fitbit Charge4」は、Android™のスマホとiPhoneの両方に対応しています。

フィットビット社の「Fitbit Charge4」とペアリングし、フィットビットのアプリケーションを操作すると、スマートウォッチ側で、Suicaの発行や Google Pay™によるチャージなどが利用可能となるようです。

※プレスリリースはこちら

Fitbit Charge4とは

Fitbit Charge4_Suica

「Fitbit Charge4」を提供するFitbit社とは、2007年に設立された、アメリカのカリフォルニア州サンフランシスコに本社を置く、家庭用電化製品およびフィットネスの企業です。

2019年には、大手検索サイトのGoogleが、Fitbit社を210億ドルで買収することを発表し、買収は2021年1月に完了しました。Fitbit社は、すでに全世界で1億台のデバイスを販売し、2800万のユーザーがいるとされています。

「Fitbit Charge4」は、そのFitbit社が提供するスマートウォッチの最新モデルです。

性能は Charge4以前の Charge3より、大幅に改善されており、例えばCharge4のバッテリーは、5~7日はもつといわれています。

【Fitbit Charge 4の機能(※一部抜粋)】

  1. GPS機能
  2. 高度な睡眠トラッキング機能
  3. 血中の酸素濃度計測機能
  4. 決済サービス「FitbitPay

「Fitbit Charge4」は、通販サイトのAmazonで、16,800円~21,188円で販売されています。

※参考記事:
「Fitbit Charge 4」は、機能豊富で価格が手ごろな優れたウェアラブル端末に進化した:製品レヴュー

現行のFitbit Charge4はSuicaが使えない

Fitbit Charge4_Suica対応

現行のFitbit Charge4は、2020年4月に発表されましたが、現在発表されている現行モデルの「Fitbit Charge4」は、Suicaを使うことができません。

Suicaに対応するのは、2021年3月発売後のFitbit Charge 4限定で、すでに発売されている「Fitbit Charge4」は、Suicaを利用することはできません。

Suicaが使えるFitbit Charge4の発売予定日

Suicaが使えるFitbit Charge4の発売予定日は、2021年3月上旬予定(2021年1月29日時点)です。

発売日の詳細は、下記のFitbitの公式サイトから確認可能できます。

https://www.fitbit.com/jp/charge4

Fitbit Charge4のSuicaでできること

モバイルSuica

Fitbit Charge4のSuicaでは、以下のことができます。

まず、Suicaの発行や年会費は、無料です(※ Suica発行にかかるデポジットは不要)。

フィットビットのアプリケーションの対象 OS は iOS12.2 以上 / Android7.0 以上です。

※ウェアラブルデバイスのみの操作で提供可能

機能・サービス 可否 備考
新規発行 発行と同時に最低 1,000 円のチャージが必要
端末 1 台につき発行できる Suica は 1 枚
クレジットカードによるチャージ Google Pay(Google アカウントに登録されているクレジットカード)からのチャージが可能
コンビニなどでの現金チャージ 〇※
券売機などでの現金チャージ 〇※ 一部の駅に設置されているトレイ型の券売機などで可能
銀行チャージ ×
チャージ残高による鉄道利用 Suica対応のバス利用も可能
チャージ残高でのお買い物
残高表示 ウェアラブルデバイスでも表示可能
履歴表示 前日分までの表示
払い戻し 手数料(220 円)が必要、アプリ上で払いもどし可能
再発行 ×
機種変更による残高引継ぎ ×
JRE POINTを貯める JRE POINT WEB サイトでの登録が必要
JRE POINTによるチャージ ×
定期券の購入 × バス定期券も不可
Suicaグリーン券の購入 ×
タッチでGo!新幹線 券売機での利用開始登録が必要
新幹線eチケットサービス えきねっとへの申込が必要
ネット決済 ×
エクスプレス予約 × 東海道・山陽新幹線のサービス
スマートEX 東海道・山陽新幹線のサービス

【裏技:モバイルsuicaを還元率3%にする方法】

【裏技】6gramでSuicaへのチャージを還元率3%にする方法

Suica対応のFitbit Charge4のメリット

Fitbit Charge4_決済方法

Suicaに対応したFitbit Charge4のメリットは、国内外を問わずどこでもキャッシュレス決済ができる点です。

今回のSuica対応を合わせると、Fitbit Charge4は以下の3つの決済が利用できます、

  • GooglePay
  • Visaのタッチ決済
  • Suica(←New)

もともとFitbit Charge4は、GooglePayが利用でき、登録したクレカやデビットカードでの支払いができました。

ここに、ソニー銀行の「Sony Bank Wallet」を加えると、Visaのタッチ決済が利用可能となります。

さらに、今回の発表でSuica対応になるため、合計3種類の決済が利用可能となります。

海外で活躍するクレカやVisaのタッチ決済があることに加え、国内で活躍するSuicaに対応したことで、国内外でFitbit Charge4さえあれば、どこでもキャッシュレス決済がしやすくなるといえます。

【解説:Visaのタッチ決済とは?】

Visaタッチ(ビザタッチ)とは?Visaタッチ(ビザタッチ)のメリットや使えるお店、使い方、オススメのクレカを解説!

Fitbit Charge 4の独自決済「FitbitPay」

Fitbit_Suica_FitbitPay

「Fitbit Charge4」には、Fitbitの独自の決済サービスである「FitbitPay」が使えます。

「FitbitPay」は、「タップするだけ。一番簡単なお支払い方法」というキャッチフレーズの通り、Fitbitのスマートウォッチをかざすだけで決済可能な、非接触式決済です。

世界中の主な銀行やカード会社が発行したクレジットカードやデビットカード、交通機関のカードと提携しています。

クレジットカードやデビットカードを、Fitbit スマートウォッチやトラッカーに追加するだけで、スマートウォッチさえあれば、どこでも決済可能です。

日本ではソニー銀行がFitbitPayに対応

Fitbit_Suica_ソニー銀行

日本でFitbitに対応している銀行は、ソニー銀行です。

Sony Bank WalletのVisaプリペイドカードと連携させ、ソニー銀行からチャージして利用します。

盗難保険が適用されているなど、セキュリティ面も十分です。

ソニー銀行と連携したFitbitの使い方

Fitbit_Suica_ソニー銀行_Visaのタッチ決済

ソニー銀行と連携したFitbit Payは、アクセプタンスマークがついた店舗で利用できます。

日本でFitbitPayを使う場合は、Visaのタッチ決済を利用します。

Visaのタッチ決済とは、VISAが提供する非接触決済です。ローソンやセブン、マクドナルドといったタッチ決済の加盟店できます。

【FitbitPayの使い方】

  1. Fitbit端末で「Fitbit Pay」を立ち上げ
  2. 「Sony Bank WALLET」の画像が出ていることを確認
  3. 「Visaで」「Visaのタッチ決済で」と伝える
  4. 決済端末にかざし、光れば完了

【レポ:Visaのタッチ決済を使ってみた】

Visaタッチの決済音を知りたくてローソンで使ってきたらVisaタッチの問題に直面した話

Fitbit Charge4とスマートウォッチ【AppleWatch】の比較

FitbitCharge4_suica_AppleWatch

Fitbit Charge4と同じスマートウォッチとして、AppleWatch(アップル ウォッチ)があります。

AppleWatchは、Appleが開発・販売しているスマートウォッチです。

Appleが2015年に初代Apple Watchを発売され、2016年のSeries2ではおサイフケータイに対応し、Suicaを利用できるようになりました。Appleのブランド力もあり、後発ながらも今やマーケットシェア1位です。

まず、2021年3月発売以降のFitbit Charge4も、AppleWatchも両方ともSuicaが使えます。

一方、Fitbit Charge4はVisaのタッチ決済とGooglePayが使えますが、AppleWatchが使えるのはAppplePayのmのみです。また、Fitbit Charge4は、AndroidとiOSの両方に対応していますが、AppleWatchはiOSのみ対応です。

Fitbit Charge4 AppleWatch
カテゴリー スマートウォッチ スマートウォッチ
値段 約16,800円~21,188円 約20,000~80,000円
充電 必要(5日~7日稼働可能) 必要
決済(クレカ) Visaのタッチ決済(日本)
決済(Suica) 〇(2021年3月以降の発売品のみ)
対応アプリ Android/iOS iOSのみ
防水機能

Fitbit Charge4とスマートリング【EVERING】の比較

EVERING_エブリング_スマートリングとは

ソニー銀行と連携してFitbit Charge4が使うVisaのタッチ決済に対応したスマートリングに、EVERING社が2021年3月に発売予定の「EVERING」があります。

EVERINGとは、国内初のVisaのタッチ決済に対応したスマートリングです。

Fitbit Charge4は、時計機能やヘルスケア機能がある「スマートウォッチ」ですが、EVERINGは決済機能のみを持つ指輪型をしたスマートリングです。

Fitbit Charge4は、2021年3月以降の発売機種からSuica、GooglePay、Visaのタッチ決済の合計3つが利用可能ですが、EVERINGはVisaのタッチ決済しか利用できません。

Fitbit Charge4 EVERING
カテゴリー スマートウォッチ スマートリング
値段 約16,800円~21,188円 約15,000~18,000円
充電 必要(5日~7日稼働可能) 不要
決済(クレカ) Visaのタッチ決済(日本) Visaのタッチ決済のみ
決済(Suica) 〇(2021年3月以降の発売品のみ) ×
対応アプリ Android/iOS Android/iOS
防水機能

【2021年3月発売予定のスマートリング、EVERINGとは?】

【EVERING】タッチ決済対応のスマートリング、発売は21年2月。価格や購入方法、決済方法を解説

広告

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

関連記事

  1. モバイルSuica_新規入会キャンペーン
    モバイルSuica、新規入会で2,000円!静岡、神奈川県、町田市限定
  2. モバイルSuica
    【裏技】6gramでSuicaへのチャージを還元率2%にする方法
  3. スタバ_電子マネー_キャンペーン
    スタバでSuica(スイカ)は使える!スタバのキャッシュレス決済やSuicaの裏技を紹介!