【Kyash改悪】Kyashは解約すべき?Kyashの解約方法と代替クレカ5選を解説!

Kyash改悪

2021年1月28日(木)に、Kyashの発表によって、Kyashの還元率変更が発表されました。

その内容は、

  1. クレカチャージの還元率が1%→0.2%
  2. Kyashポイントの還元上限が500→100ポイントに減少
  3. クレカからKyashに直接チャージ不可

といった、いわゆる改悪でした。

結果的に、Kyashでポイント2重取りなどをするメリットが失われ、Kyashユーザー間では非常にショッキングな発表となりました。

このようなKyash改悪の中、「Kyashは解約すべき?」といった疑問をお持ちの方もいると思います。

この記事では、今回のKyash改悪を踏まえ、Kyashを解約すべきかどうかを検討し、Kyashの解約方法とKyashの代替クレカを5枚ご紹介します。

広告

Kyash改悪の要点

Kyash改悪

2021年1月28日(木)に発表された、Kyashの変更点は以下の4つです。

特に、

❷「登録カードを使った指定金額入金機能の廃止」と

❹「決済時のポイント還元率の一部変更」

が改悪の要点として注目されました。

変更内容 日時
銀行口座からの指定日自動入金をスタート 2/4(木)
登録カードを使った指定金額入金機能の廃止 2/4(木)
ゆうちょ銀行との接続再開および住信SBIネット銀行との接続開始 2/4(木)
決済時のポイント還元率の一部変更 2/10(水)

【最新:Kyash改悪まとめ、還元率や還元上限額が減少⇩】

【Kyash改悪】1%→0.2%還元に、おススメの残高送金先や代替の乗り換えカードも紹介

【Kyash改悪❶】クレカからKyashへの直接チャージが不可能に

Kyash_改悪_クレカチャージ

Kyashの変更点❷「登録カードを使った指定金額入金機能の廃止」は、金額を指定してクレカからKyashにチャージできなくなることです。

つまり、クレカからKyashに自由にチャージできなくなり、クレカ→Kyashというポイント2重取りがやりにくくなりました。

クレカからの直接チャージNGの変更は、すでに発表されており12月に一時延期となりましたが、最終的に変更が実施されることとなった形です。

ただし、Kyash決済時の不足分を登録クレカで補う「カードリンク」機能を使えば、ポイント2重取りは可能です。

【解説:過去のKyash改悪の記事はこちら⇩】

Kyash改悪で還元率は0.2%に減少、クレカからのチャージは不可能に

【Kyash改悪❷】1%→0.2%還元に、上限も100ポイントに減少

Kyash改悪

Kyashの変更点❹「決済時のポイント還元率の一部変更」とは、クレカチャージで貯めたKyashポイントでの支払時の還元率が、もともとの1%から0.2%に減少するということです。

つまり、Kyashのポイント2重取りにおいて、還元率が0.2%しか上乗せされないということです。

これまでは、楽天カード(1%還元)→Kyash(1%還元)によって、合計2%還元が実現していました。しかしこの改悪で、楽天カード+Kyashとの組み合わせは、1.2%還元に減少します。

さらに、クレカチャージで貯めたKyashポイント決済の還元上限も、500ポイント/月から100ポイント/月に減りました。

【延期中】Kyashがまだ発表していない変更点

Kyash改悪_残高利息

今回の改悪によってKyashを使うメリットが大きく失われてしまいました。

2020年12月に発表、現在サービス検討中の「残高利息サービス」について、まだ発表がありません。

当初は「年利1%の残高利息を毎月付与するサービス」と発表していました。

ただし、その後の発表で「サービスリリースを一旦中止し、サービス名称及び内容を見直すことといたしました。」とあり、その後の発表はありません。

1%の残高利息は、銀行の普通預金の利息(0.001%)よりも、かなり高いのでとても魅力的なサービスです。

もし、仮に当初の発表通りに「残高利息サービス」が開始された場合は、銀行に預金するよりもサービスを活用した方がよいでしょう。

【5%還元:三井住友カード(NL)とは?】

【5%還元】三井住友カードのナンバーレス/NLは発行すべき!メリットや審査期間、おススメのポイントサイトを解説!

Kyashは解約すべき?

Kyash改悪

さて、「クレカからの直接チャージNG」と「還元率/還元上限額の減少」で改悪となったKyashですが、

「Kyashは解約すべき?」ということについて検討してみたいと思います。

結論から言えば、「Kyashは解約すべきではない」といえます。

その理由は以下の3つです。

  1. 月5,000円までポイント2重取りが健在
  2. 1%還元のプリペイドとして利用可能
  3. 残高利息サービスへの期待

月5,000円までポイント2重取りが健在

Kyash改悪

Kyashは「クレカからの直接チャージNG」になりましたが、Kyashのカードリンク機能によって、紐づけしたカードからKyashにチャージ/支払いすることができます。

Kyashのカードリンク機能とは、簡単に言えば、「残高無しでもKyashが利用できる」機能です。決済時の不足分を紐づけしたカードでのあと払いにすることで、残高ゼロでもKyashで決済ができてしまいます。

また、クレカチャージにおける還元上限額も、100ポイントに減少しましたが、月5,000円までの利用であれば、ポイント還元を受けられます。

ポイント還元率も還元上限も減り、魅力が少なくなったKyashではありますが、まだポイント2重取りのカードとして活躍可能です。

Kyashのカードリンク機能の使い方

Kyash改悪_カードリンク

Kyashのカードリンク機能の設定は簡単です。

事前に、カードリンクさせたいクレカを登録してください。

【カードリンク機能の設定方法】

  1. TOPの[入金する]
  2. [入金方法]を選択
  3. リンクさせたいカード横の[リンクする]を選択
  4. ポップアップの[カードをリンクする]を選択すれば、完了

※カードリンク機能の詳細はこちら

Kyashが3Ⅾセキュア認証に対応!6gramへのチャージ可能で2重取りも実現

1%還元のプリペイドとして利用可能

Kyash改悪_QUICPay

Kyash残高には、

  • 銀行口座などからチャージし送金可能な「Kyashマネー」
  • クレカからチャージし送金不可能な「Kyashバリュー」

の2種類があります。

今回還元率が変更されたのは「Kyashバリュー」決済の還元率だけで、銀行口座などからチャージした「Kyashマネー」決済は、1%還元のままです。

そのため、今後も1%還元のプリペイドカードとして活躍できます。

特にKyashは、

に対応しているので、便利なプリペイドカードとしてキープしておくのもありでしょう。

【EVERING】タッチ決済対応のスマートリング、発売は21年2月。価格や購入方法、決済方法を解説

残高利息サービスへの期待

Kyash改悪_残高利息

最後の「残高利息サービスへの期待」ですが、こちらは現在サービス検討中のため、まだ不透明ではあります。

ただ、もし当初の発表通りに年利1%の利息が付くサービスであれば、銀行の普通預金の年利(0.001%)よりも利息が付きやすいため、預金を銀行口座に置いておくよりも、残高利息サービスを活用した方がおトクです。

今後の発表内容によりますが、利息残高サービスの発表までは、別段な理由を除きKyashは解約しないでおいてもよいでしょう。

【5選:マクドナルドでおすすめのお得クレカはどれ?】

【5選】マクドナルドでおすすめのお得なクレジットカードはどれ?

おススメのKyash残高の送金先

Kyash改悪_6gram

Kyashを解約する時に、残ったKyash残高を銀行口座に引き出す場合、220円の手数料がかかります。

そこで、Kyashを解約せずに、Kyash残高を送金して取り出す方法があります。

それは、1%還元が適用される「6gram」や「TOYOTA Wallet」といった別のプリペイドカードに残高を送金することです。

6gram」は、mixiが発行する招待制のプリペイドカードであり、「TOYOTA Wallet」は誰でも発行できるプリペイドカードです。

どちらもスマホがあれば誰でも発行でき、両方ともKyashの1%還元の対象です。

送金した残高は、ApplePayなどでモバイルSuica/PASMOのチャージに利用するのがよいでしょう。

【6gram×Kyash⇩】

6gram(ロクグラム)とは?Kyashとの違いやメリット、招待からチャージ方法まで解説!

【TOYOTA Wallet×Kyash⇩】

KyashからTOYOTAWalletへのチャージは1%還元対象!Suicaへの還元にも有効

Kyashの解約方法

Kyash改悪_解約方法

別段な理由や、特にKyashにメリットを感じなくなった方向けに、Kyashの解約方法を解説します。

Kyashの解約方法は、「Kyash残高の有無」と「本人確認の有無」によって少し手続きが異なります。

【共通手順】

  1. 下段メニュー[アカウント]を選択
  2. 一番下の[アカウントを解約]を選択
  3. 注意事項を読み、[上記内容に同意する]にチェックし、アカウント解約に進む

【本人確認済み】Kyash残高がある場合

Kyash改悪 解約方法

本人確認済みで、Kyash残高がある場合は、

  • 銀行口座に出金
  • 友達に送る
  • 残高放棄

のうち、どれかを選択します。

銀行口座に出金する場合は、220円の出金手数料がかかります。

Kyash残高が220円以下の場合は、「友達に送る」か「残高放棄」を選択してください。

また、一度放棄した残高をもとに戻すことはできないので、十分注意してください。

  1. 上記の共通手順を実行
  2. 残高の処理方法を選択
  3. 解約内容を確認し、同意
  4. アカウント解約完了

※Kyash解約に関してはこちら

【本人確認済み】Kyash残高がない場合

本人確認済みで、Kyash残高が無い場合は、Kyashアカウントを削除するだけです。

【本人確認無し】の場合

本人確認無しの場合は、「銀行口座に出金」及び「友達に送る」ができません。

そのため、Kyash残高の有無にかかわらず、「残高放棄」を選択してください。

【注意】解約から3ヵ月間は新規登録が不可に

Kyash改悪_再発行

Kyash解約で注意すべき点は、Kyashの退会後、3ヶ月間はKyashの新規アカウントの作成はできなくなることです。

再びKyashを利用したい場合は、解約から3ヶ月過ぎた後に、再度新規アカウントの作成可能となります。

ちなみに、カード利用を一時的に停止したい場合はカードの一時ロックで十分です。

※Kyash解約後の再発行に関してはこちら

広告

【5選】Kyash代替の乗り換えクレカ

クレカ

最後に、今後もKyashを継続利用、もしくはKyash以外のおトクなクレカを利用する方に向けて、Kyashの代替クレカを5つご紹介します。

【クレカ編】

  1. 【2.5%還元】エポスゴールドカード(+6gram)
  2. 【5%還元】三井住友カード(ナンバーレス/NL)←NEW
  3. 【1.2%(+20%)還元】リクルートカード
  4. 【3%還元】セゾンパールアメックスカード(デジタル版)
  5. 【3%還元】Visa LINEPayカード

【2.5%還元:エポスゴールドカード(+6gram)とは?】

【必見】6gram+エポスカードゴールドで2.5%還元!モバイルSuica/PASMOへの新たなチャージ方法とは

一方、Kyashのように「ポイント2重取り」を継続したい場合は、こちらのプリペイドカードがおススメです。

  1. 【0.5%還元】auPAY プリペイドカード
  2. 【0.5%還元】dカード プリペイド
  3. 【0.65%還元】ANA JCB プリペイドカード

詳細は、下記記事をご参照ください。

【代替:Kyash改悪でおススメのプリペイドカードは?】

【Kyash改悪】1%→0.2%還元に、おススメの残高送金先や代替の乗り換えカードも紹介

広告

コメント

  1. ヒデユキ2021年4月5日 08:22

    このコメントは承認待ちです。

コメントする

関連記事

  1. Kyash改悪
    【Kyash改悪】1%→0.2%還元に、おススメの残高送金先や代替の乗り換えカードも紹介
  2. Kyash改悪
    Kyash改悪で還元率は0.2%に減少、クレカからのチャージは不可能に