UberEats(ウーバーイーツ)の支払い方法まとめ!おススメの支払い方法はどれ?

広告

【最新】UberEats(ウーバーイーツ)のおススメの支払い方法はPayPay

PayPay_年末年始

UberEatsでおススメの支払い方法は、PayPayです。

UberEatsでPayPayをおススメする理由は、最大100%還元の「PayPayジャンボ(オンライン)」により、タダでUberEatsを注文することができる可能性があるからです。PayPayジャンボとは、スマホ決済のPayPayが開催中のキャンペーンで、UberEats(ウーバーイーツ)での注文でできる抽選に当選すると注文金額が最大100%還元されます。

2020年12月1日(火)9:00~2021年1月11日(月)の期間中、PayPay残高でUberEatsの支払いをすると、誰でも抽選に参加できます。

ちなみに、筆者の感覚ですが、3等の2%還元は1/3という高確率で結構当たります。

PayPayジャンボ(オンライン)
キャンペーン期間 2020年12月1日(火)9:00~2021年1月11日(月)
還元率 抽選結果次第で変動

  • 1等:100%
  • 2等:10%
  • 3等:2%
付与上限 10万円/回・期間
還元対象 PayPay残高払いのみ
※ヤフーカードを含むクレカやPayPay一括払いは対象外

【当サイト独自クーポン配布中!】

下記のコードを入力すると、ウーバーイーツの注文が1,500円OFFになります!(※初回注文限定)

クーポンコード eats-taisukeh3ue

UberEats(ウーバーイーツ)の支払い方法

UberEatsでは、6つの支払い方法があります。

【UberEatsの支払い方法】

  1. クレカ(プリペイド/デビット含む)
  2. PayPay
  3. LINEPay
  4. ウーバーキャッシュ(Uber Cash)
  5. ApplePay
  6. 現金

クレカ

クレカ_ウーバーイーツ

UberEatsでは、クレカ/デビット/プリペイドを含めたカード決済を最大3枚まで登録できます。最大3枚を登録した状態で、他のクレカを登録したい場合は、登録済のクレカ情報を削除して、新しいクレカを登録する必要があります。

プリペイド/デビットカードも利用できますが、一部のカードのみしか利用できません。そのため、UberEats(ウーバーイーツ)でデビット/プリペイドカードを使うことはおススメしません。

UberEatsでは、下記の5ブランドが利用できます。

【使用可能なブランド一覧】

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners

クレカのメリット・デメリット

【メリット】

  • クレカのポイント還元

UberEatsでクレカ払いをするメリットは、クレカ独自のポイント還元を受けられることです。ApplePay単体や現金などの支払いには、還元がありません。一方、クレカ払いをすれば、クレカの還元特典がもらえます。

【デメリット】

  • クレカの利用枠制限

クレカ払いのデメリットは、支払い額限度に達してしまった場合、利用できなくなることです。ただし、利用上限に達した場合は、他のクレカや決済手段を登録すれば対処可能です。

PayPay

PayPay

PayPayはソフトバンクとヤフーの子会社であるPayPay株式会社が運営するキャッシュレス決済サービスです。最大100%還元される「PayPayジャンボ」などの高還元キャンペーンを頻繁に開催しており、キャッシュレス決済アプリの中でも特に人気が高いアプリです。

2020年5月から、UberEatsの支払い方法にPayPayが追加されました。

UberEatsで以下の3つのどれかでPayPay決済をすると、PayPayボーナスが還元されます。

  1. PayPay残高
  2. ヤフーカード
  3. PayPayあと払い(一括払い)

ヤフーカード以外のクレカ払いも利用できますが、PayPayの基本還元率を決める「PayPayステップ」の還元対象外になるので、注意が必要です。

【UberEats(ウーバーイーツ)でのPayPayの使い方】

UberEats(ウーバーイーツ)でPayPay(ペイペイ)が使える!連携方法やエラー対処まで使い方を全解説!

PayPayのメリット・デメリット

【メリット】

  • PayPay残高払いで最大1.5%還元
  • 頻繁な高還元キャンペーン
  • PayPayアプリ内から注文可能

PayPayのメリットは、基本還元率を決めるPayPayステップにより、PayPay残高払いで最大1.5%の還元が受けられる点です。UberEatsでPayPay残高払いやヤフーカード払い、PayPayあと払いを利用すればするほど、PayPayの基本還元率を引き上げることができます。

また、PayPayはECサイトなどのオンライン決済を対象とした還元キャンペーンを頻繁に開催しており、UberEatsも還元対象になることが多いです。特にオンライン決済利用で最大100%還元される「PayPayジャンボ」で、UberEatsは還元対象サービスに入っています。

【デメリット】

  • 残高不足による決済制限

PayPayのデメリットは、LINEPayと同様にPayPay残高が少ないと決済ができないことです。特に「PayPayジャンボ」などのキャンペーンでは、普段使う(ヤフーカード以外の)クレカ払いなどが還元対象外となるため、PayPay残高払いを利用するユーザーが多いかと思います。

そのため、キャンペーン期間にPayPayを利用する場合は、事前にPayPay残高を確認することをおススメします。

【UberEatsでのPayPayの使い方⇩】

UberEats(ウーバーイーツ)でPayPay(ペイペイ)が使える!連携方法やエラー対処まで使い方を全解説!

LINEPay

LINEPay_ウーバーイーツ

LINEPayは、チャットアプリ「LINE」が提供するキャッシュレス決済です。LINEPayは2019年12月20日より、UberEatsの支払い方法として導入されました。導入当時は、12月20日から12月29日(日)まで、10万枚限定で50%OFF(値引き上限金額1,000円分まで)になる「LINE Payクーポン」のプレゼントキャンペーンも開催されました。

LINEPayで決済する場合は、以下の3つの手段があります。

  1. LINE残高払い
  2. LINEポイント払い
  3. 「チャージ&ペイ」払い

LINE残高とLINEポイント払いでは、LINEポイントの還元を受けることはできません。一方、チャージ&ペイは1~3%の還元を受けることができます。

LINEPayのメリット・デメリット

【メリット】

  • 残高不要かつチャージ&ペイで1~3%還元
  • 割引クーポンが豊富

LINEPayのメリットは、残高が無くても、「チャージ&ペイ」払いを使えば、1~3%のポイント還元を受けられる点です。
※Visa LINEPayカードの紐づけが必須です

また、LINEPayは頻繁にUberEatsの割引クーポンを配布しています。LINEPayは毎月割引クーポンを配布しており、UberEatsで使える「5%割引クーポン」が毎月1枚もらえます。

【デメリット】

  • LINE残高orポイント払いは還元ゼロ
  • 残高による決済制限

LINEPayのデメリットは、LINEPay残高やLINEポイントでの支払いではポイント還元がないことです。また、LINEPay残高が少ない場合は決済ができず、支払い方法を切り替えて再度決済手続きをすることとなります。

LINEPayで決済できない時の対処法

LINEPayのLINE残高払いもしくはLINEポイント払いを選択した時に、残高が注文金額よりも少ないと、UberEats(ウーバーイーツ)でLINEPay決済ができません。

その場合の対処法は以下の2つです。

  • LINEPay残高にチャージする
  • 「チャージ&ペイ」機能を使う

【LINEPayでUberEatsを注文する方法⇩】

UberEats(ウーバーイーツ)でLINEPayは使える!LINEPay連携から決済、解除、エラー対処方法まで全解説!

UberCash(ウーバーキャッシュ)

ウーバーキャッシュ

UberCash(ウーバーキャッシュ)は、配車サービスのUberのみならず、UberEats(ウーバーイーツ)でも利用可能なUber独自のアプリ内マネーです。Uberアプリ内に事前にチャージすることで、Uber関連のサービス全体でUberCash残高を共有・利用できます。

UberCashは以下の4つからチャージできます。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • Venmo
  • PayPal

UberCashには、オートチャージ機能があります。例えば、ウーバーキャッシュの残高が1,000円を下回った場合、自動的にチャージされます。この自動チャージの金額や下限設定はアプリ内の設定で行うことができます。

※現在のところ、UberCashの還元率に関する情報はありません。

UberCash(ウーバーキャッシュ)のメリット・デメリット

【メリット】

  • Uberの支払いとシェア可能

UberCashのメリットは、配車サービスのUberでチャージした残高をUberEatsでも利用できる点です。Uber関連のサービス内で、UberCashの残高をシェアすることができます。

また支払い時に「クレジットを適用する」を選択すると、UberCashの残高を優先的に使用することができるので、余った端数などをUberEatsで利用することができます。

【デメリット】

  • 還元特典なし

UberCashのデメリットは、還元特典がないことです。ただし、ウーバーキャッシュに紐づけたクレカなどの還元特典でこの点は補うことができるでしょう。

【当サイト独自クーポン配布中!】

下記のコードを入力すると、UberEatsの注文が1,200円OFFになります!

※初回注文限定

クーポンコード eats-taisukeh3ue

ApplePay

ウーバーイーツ_Apple Pay

ApplePayはiPhoneやApple Watchで利用できる決済サービスです。電車やバスといったオフラインのみならず、UberEats(ウーバーイーツ)のようなアプリなどのネットサービスなどのオンライン決済にも対応しています。Apple Payの利用は無料で、クレジットカードを登録するだけですぐに利用できます。

ApplePayのメリット・デメリット

【メリット】

  • クレカ情報入力が不要
  • 決済認証が簡単

UberEatsでApplePayを利用するメリットは、わざわざ新しくクレカ情報などを入力する必要がないことです。

Apple Payを利用する場合は、Apple IDの支払い先でデフォルト登録したクレカで支払いが実行されます。ちなみにApplePayで使用するデフォルト登録されたクレカは、「設定」→「Apple ID」→「支払いと配送先」から確認できます。

【デメリット】

  • 支払い先の変更手続きが必要

デメリットはApplePayに登録した支払い先のクレカを変更する場合に、iPhone側で設定を変更する必要があることです。

現金

現金_ウーバーイーツ

UberEats(ウーバーイーツ)は現金での支払いにも対応しています。

UberEats(ウーバーイーツ)の配達尾ライバーに請求金額分を直接手渡して決済します。

クレカやスマホ決済の情報入力がめんどくさかったり、不正利用に心配がある方は現金を利用することをおススメします。ただし、配達ドライバーに直接手渡しする必要があるので、置き配などは利用できません。

現金払いの制限ルール

UberEats(ウーバーイーツ)の現金払いには、注文内容と利用可能地域に制限があります。

まず、注文内容には2つの制限があります。

【現金払いの制限】

  • 配送手数料も含め10,000円(税込)まで
  • 酒類の注文では現金払い不可

また、現金払いが利用できる地域も限定されています。利用可能な地域は「全域」と「一部地域」で利用可能と2種類に大別されます。

【全域で利用可能】

  • 東京
  • 千葉
  • 横浜
  • 埼玉
  • 大阪

【一部地域で利用可能】

  • 名古屋
  • 神戸
  • 京都
  • 福岡

現金払いのメリット・デメリット

【メリット】

  • 使いすぎることがない
  • セキュリティ上安全

現金払いのメリットは、クレカ払いのような使いすぎがしにくくなることです。また、クレカのようにカード情報を入力する必要もないので、セキュリティ面でも安全です。

【デメリット】

一方、現金払いのデメリットは比較的多いです。

  • 玄関前配達が利用できない
  • 配達員が嫌煙するため、注文できる可能性が低くなる
    ※配達員が現金を準備することを嫌がるため
  • 注文内容と利用地域に制限がある
  • ポイント還元などがない

まず、UberEats(ウーバーイーツ)で現金払いをする場合、配達ドライバーに直に現金決済を行う必要があるため、不在中でも玄関前に商品を置いてもらえる置き配が利用できません。

また、UberEatsの配達者が現金払いの注文を嫌がり避ける可能性もあるので、現金払いをすることはあまりオススメしません。実際に、現金でのやり取りやお釣りを準備する必要があることから、配達者は現金払いのユーザーを注文先から回避する傾向があります。

また、注文内容や利用可能地域に制限があるなど、クレカやスマホ決済時にはない不便さがあります。よほどの理由がない限りは、現金払いを利用することは避けた方がよさそうです。

出前館の支払い方法でPayPayは使える!出前館のおススメの支払い方法も紹介!

UberEats(ウーバーイーツ)の支払い方法の登録

ウーバーイーツ_支払い方法_登録

【登録方法】

  1. 右下の「アカウント」→「お支払い」を選択
  2. 「支払い方法を追加」を選択
  3. 追加する支払い手段を選択
  4. 「続行」ボタンを押して登録完了

PayPayやLINEPayなどは、注文確定時に外部アプリとして起動します。起動した外部アプリ先で注文を承認すれば決済完了です。

UberEats(ウーバーイーツ)の支払い方法の登録解除

支払い方法削除_ウーバーイーツ

UberEatsに登録した支払い手段は、後で登録解除が除できます。

【登録解除方法】

  1. 「アカウント」→「お支払い」へ移動
  2. 解除する支払い手段を選択
  3. 右上のボタンから削除を選択し承認ボタンをタップ

UberEats(ウーバーイーツ)の支払い手順

ウーバーイーツ_PayPay_決済方法

ここでは、UberEats(ウーバーイーツ)での注文から支払い方法までを解説します。

【注文・支払い手順】

  1. 商品選択後、「カートを見る」に移動
  2. 配達オプションやプロモーションコードなどを入力
  3. 「合計」下の支払い方法を選択し確認
  4. 最後に「注文する」を選択して注文完了

auPAYとPontaの連携方法を解説!Pontaカード提示方法やPonta2重取りの方法も

UberEats(ウーバーイーツ)の支払い方法変更

ウーバーイーツ_支払い方法変更

UberEats(ウーバーイーツ)は、注文完了前まで支払い方法を変更できます。

【変更方法】

  1. カートへ移動後、合計金額下の決済手段をタップ
  2. 「お支払いオプション」内にある支払い手段を選択もしくは追加

【注文後】支払い方法を変更

ウーバーイーツ_支払い方法_変更

実はUberEats(ウーバーイーツ)では、配達済みの注文の支払い方法が変更可能です。

変更先のクレジットカードのブランド名と、カード番号の末尾4桁をヘルプから送信することで、変更申請が完了します。なお、配達が完了するまではこの機能は使えないので注意してください。

【注文後の支払い方法の変更手順】

  1. 「アカウント」→「ヘルプ」→「アカウントとお支払い」へ移動
  2. 「お支払い」→「注文後に支払い方法を変更するには」を選択
  3. 「注文の日付」「注文番号」「使用するクレカのブランド名とカード番号の末尾4桁」を入力フォームに沿って記入し、送信

支払い方法に未対応の店舗も

ウーバーイーツ_支払い方法_選択

一部のUberEats(ウーバーイーツ)の店舗では、特定に支払い方法が利用できない場合があります。

その場合、注文手続き完了前か注文方法を変更した際に、「お支払い方法を選択してください」とのポップアップが画面上に表示されます。ポップアップに従い、他の決済手段を選択してください。

UberEats(ウーバーイーツ)で支払いができない場合

UberEatsで注文する際に、支払いがうまくできない場合があります。

ここでは想定される原因と対処方法をご紹介します。

  1. クレカの不備
  2. プロモーションコードの不備
  3. アプリの不具合

クレカの不備

UberEatsでクレカ決済をした場合に、入力情報などが間違っていた場合、正しく決済が処理されません。

カード番号やカード名義人の入力内容を確認するようにしてください。

また、クレカの利用上限に達してしまった場合も同じく注文することができません。その場合は、他のクレカを登録するか、他の支払い方法を利用しましょう。

プロモーションコードの不備

利用したいプロモーションコードの番号不備、もしくは期限切れだった場合、注文することができません。特にプロモーションコードには、利用期限や回数制限などの条件があります。

プロモーションは、「アカウント」→「プロモーション」から確認することができます。

アプリの不具合

アップデートなどで、UberEatsアプリがうまく作動しない場合もあります。その際は、UberEatsの運営会社に直接連絡をするのが良いでしょう。

電話での問い合わせに対応していないため、アプリ内の「ヘルプ」から問い合わせる必要があります。

【Uber Eatsお客様サポートセンター(全国共通)】

電話番号: 03-4510-1243

UberEats(ウーバーイーツ)でオススメの支払い方法

キャッシュレス決済オススメ

最後に、UberEats(ウーバーイーツ)でおススメの支払い方法を以下の2テーマからご紹介します。

  1. クレカ:Visa LINEPayカード
  2. スマホ(バーコード/QR)決済:PayPay

クレカ:Visa LINEPayカード

Visa LINEPayカード

現在UberEatsでおススメのクレカは、Visa LINEPayカード(LINEクレカ)です。

おススメの理由は、年会費無料にもかかわらず、3%という高い還元率を誇ることです。

例えば、日本で最も発行されているクレカ「楽天カード」は、永年年会費無料ですが、還元率は1%です。そのため、年会費無料のクレカの中でVisa LINEPayカードが現在最もコスパが良いクレカなのです。

さらに、2年目以降も年1回以上の利用で年会費は無料になります。ちなみに、Visa LINEPayカードは、初年度特典として’20年4月30日まで還元率を3%としていますが、期限前に還元率を1%に変更する可能性もあるので、注意してください。

また、Visa LINEPayカードはApplePayには登録可能ですが、UberEats(ウーバーイーツ)のApplePayの支払い先には利用できません。そのため、あくまでクレカとしての登録が必要です。

【公式より高い?!LINEクレカ発行で3,000円もらえる!⇩】

https://cashlessnator.com/visalinepaycard-moppy/

スマホ決済:PayPay

PayPay

UberEatsで使用できるスマホ(QR/バーコード)決済は、PayPayとLINEPayです。還元率やキャンペーンで比較した場合、UberEats(ウーバーイーツ)でおススメの決済はPayPayです。

例えば、LINEPay残高やLINEポイントで支払いをした場合、還元率は0%ですが、PayPay残高で支払いをすると0.5%以上の還元を受けられます。

【最新】最大100%還元のPayPayジャンボを開催中

PayPay_年末年始

また、PayPayは高還元キャンペーンを頻繁に開催しており、最近ではUberEatsを含めたオンライン決済に重点を置いたキャンペーンが多いです。

現在は、最大100%還元される「PayPayジャンボ」が開催中です。UberEatsの注文をPayPay残高を使うと、抽選で2%~100%還元されます。

1等に当選すると、実質タダでUberEats(ウーバーイーツ)を楽しむことができます。

【当サイト独自クーポン配布中!】

下記のコードを入力すると、ウーバーイーツの注文が1,500円OFFになります!

※初回注文限定

クーポンコード eats-taisukeh3ue

【PayPay】マイナポイント登録者が100万人を突破!PayPayを登録するメリットとは?

広告

まとめ

UberEatsでおススメの支払い方法としては、普段は還元率3%のVisa LINEPayカードを使いつつ、高還元キャンペーンが開催されればPayPayを使うという使い分けが良いでしょう。

※UberEatsの支払い方法に関する公式ブログはこちら

広告

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

関連記事

  1. UberEats(ウーバーイーツ)_LINEPay
    UberEats(ウーバーイーツ)でLINEPayは使える!LINEPay連携から決済、解除、エラー対処方法まで全解説!
  2. ウーバーイーツ_PayPay
    UberEats(ウーバーイーツ)でPayPay(ペイペイ)が使える!連携方法やエラー対処まで使い方を全解説!