マクドナルドのモバイルオーダーでPayPayを使ってみたら超便利だった

マクドナルドのモバイルオーダーでPayPay決済

マクドナルドのモバイルオーダー

マクドナルドのモバイルオーダーとは、マクドナルドアプリ内にあるアプリ内注文機能です。

マクドナルドのモバイルオーダーには、

  • アプリで注文から決済までが完結
  • レジに並ばずに注文の受け取りが可能
  • 店内飲食の場合は、店員さんにテーブルまで運んでもらうことが可能

といった非常に便利な特徴があります。

さらに、10月6日からモバイルオーダーの決済方法に、PayPayが導入されました。

マクドナルドのモバイルオーダーにPayPayが対応!登録/支払い方法を解説!
10月6日(火)より、マクドナルドのモバイルオーダーにPayPayが対応しました。また、10月17日(土)~11月15日(日)の期間中に開催される「PayPay感謝祭」において、マクドナルドのモバイルオーダーでPayPayを支払うと最大20%還元されます。この記事では、マクドナルドのモバイルオーダーにおけるPayPayの登録方法や使い方を解説します。

今回は、10月16日~11月17日に開催されている「超PayPay祭」に合わせて、マクドナルドのモバイルオーダーでPayPay決済をしてみたので、

  • モバイルオーダーのPayPayでの注文方法
  • モバイルオーダーでPayPayを使ってみた感想
  • 「超PayPay祭」のモバイルオーダー特典のまとめ

について、解説していきます。

モバイルオーダーでのPayPayでの注文方法

マクドナルドのモバイルオーダー_PayPay使い方

マクドナルドのモバイルオーダーは、ざっくり以下のフローで注文から決済、注文確定を行います。

【モバイルオーダーの利用手順】

  1. 店舗選択
  2. 商品選択
  3. 受取方法(利用方法)の選択
  4. 決済手段の選択
  5. PayPayで決済(外部アプリ起動)
  6. 注文確定

店舗選択

マクドナルドアプリを起動後、TOP上のモバイルオーダーのバナーもしくは右下のタブをタップします。

モバイルオーダー機能が立ち上がると、現在地付近のマクドナルド店舗がマップ上に表示されるので、受け取る店舗を選択しましょう。

検索機能を使って、より詳細に店舗を検索することも可能です。

※選択した店舗は後で変更することはできますが、注文途中の場合は、注文がキャンセルになってしまう場合があるので、あらかじめ店舗を確定しておいた方がよいです。

商品選択

次にメニュー一覧から、注文したい商品を選択し、カートに入れていきます。

注文したい商品をタップし「単品」もしくは「セット」を選択し、個数を決定後、右下の「カートに追加」をタップします。

メニューカテゴリーは以下です。

  • おすすめ
  • バーガー
  • セット
  • サイドメニュー
  • ドリンク
  • ハッピーセット
  • 朝マック
  • 夜マック
  • スイーツ
  • マックカフェ

商品をカートに追加し終わったら、「レジに進む」をタップします。

受取方法(利用方法)の選択

次に受取方法(アプリには利用方法)を選択します。

「持ち帰り」「店内飲食」のどちらかを決め、さらに受取方法を選択します。

持ち帰りの場合

持ち帰りの場合は、

  • テイクアウト
  • 駐車場で受け取る(パーク&ゴー)

のどちらかを選択します。

テイクアウトを選択した場合は、あとはお店に行ってカウンターで商品を受け取るだけです。

「駐車場で受け取る(パーク&ゴー)」に対応している店舗は一部です。

PayPay_モバイルオーダー_ドライブスルー

ただし、モバイルオーダーはドライブスルーには未対応ですので、注意してください。

店内飲食の場合

店内で飲食する場合は、以下の2つのどちらかを選びます。

  • テーブルにスタッフがお届け
  • 店内で飲食(カウンター受け取り)

「テーブルにスタッフがお届け」とは、店内テーブルに設置された番号を入力するだけで、テーブルまでスタッフさんが商品を運んでくれるサービスです。

「カウンター受け取り」の場合は、これまでと同様に、店舗のカウンターで商品が準備できるまで待つ必要があります。

支払い方法の選択

モバイルオーダー_PayPay払い

受取方法(利用方法)の決定後、支払い方法を選択します。

現在、モバイルオーダーでは以下の3つの決済方法に対応しています。

  • PayPay(残高払いのみ)
  • LINEPay
  • クレジットカード(VISA/MasterCard/JCB/DinersClub)

モバイルオーダーでは、PayPay残高払いのみ利用可能です。

※残高不足の場合、正しく決済が実施されず、注文をし直す可能性があるので、事前にPayPay残高に利用金額をチャージしておくことをおススメします。

また、モバイルオーダーで利用可能なクレジットカードブランドは、VISA/MasterCard/JCB/DinersClubの4つであり、AMEX(アメックス)は利用できません。

新規のクレジットをカード登録は、この支払い方法の選択時に「新規クレジットカード登録」のタブをタップしてカード情報を入力することで新規登録できます。

支払い方法の決定後、注文内容を確認して、一番下の「注文を確定する」をタップします。

PayPayで決済

PayPay_モバイルオーダー

PayPayで決済した場合は、外部アプリとしてPayPayが起動するので、以下の手順に従ってください。

  1. 注文金額を確認
  2. 支払い承認ボタンをタップ
  3. 支払い受付画面を確認後、モバイルオーダーアプリに戻る

ラストの「モバイルオーダーアプリに戻る」が正常に行われない場合、正しく注文が確定されないので注意してください。

また、この時は「マクドナルドモバイルオーダーへの注文を受付」という黄色い画面表示になっていますが、問題はありません。

注文が完了した後、PayPayの注文履歴を確認すると、いつも通りの緑色の「決済完了」画面が表示されます。

注文確定

正常にPayPayからモバイルオーダーアプリに戻れば、注文確定です。

その後は、画面に表示された番号が店舗の受取カウンターのモニターに表示されるまで待ちます。

最後に注文受け取り後、受取完了ボタンを押せば、注文から受取まで、全ステップ終了です。

【さらに詳しい使い方はこちら⇩】

マクドナルドのモバイルオーダーにPayPayが対応!登録/支払い方法を解説!
10月6日(火)より、マクドナルドのモバイルオーダーにPayPayが対応しました。また、10月17日(土)~11月15日(日)の期間中に開催される「PayPay感謝祭」において、マクドナルドのモバイルオーダーでPayPayを支払うと最大20%還元されます。この記事では、マクドナルドのモバイルオーダーにおけるPayPayの登録方法や使い方を解説します。

実際にモバイルオーダーでPayPayを使ってみた

ここでは、実際にマックのモバイルオーダーでPayPayを使ってみたときの様子をご紹介します。

店内利用

まずお店に到着後、席を確保します。

マクドナルド_テーブル番号

現在、マックでは全席に、上記のモバイルオーダー用のテーブル番号が貼ってあるので、どのテーブルからでも注文可能です。

アプリの手順に従い、注文を済ませていきます。

受取方法(利用方法)を選択するときに、自分のテーブル番号を入力します。

モバイルオーダー_PayPay払い

次に、PayPay(残高払い)を選択し、注文確定のボタンを押します。

すると、PayPayが外部アプリとして起動しました。

注文金額を確認して、承認ボタンを押します。

PayPay_モバイルオーダー

いつもと違う、黄色い画面かつ「支払いの受け付け」という表記ですが、アプリの案内に従い、モバイルオーダーアプリに戻ります。

モバイルオーダー_PayPay払い_モニター

アプリに戻ると、注文番号が表示されました。

あとは、スタッフさんが商品を持ってきてくれるのを待つだけです。

注文内容が少なかったためか、ものの5分程度でスタッフさんが商品を届けにきてくれました。

(たぶん、スタッフがテーブルまで持ってくる機能は、子供連れの親御さんが、が子供を置いて注文しに行くのが難しいということでできた機能なのかもしれません。特別な理由がないのに、わざわざテーブルまで持ってきてもらうことに、ちょっと罪悪感を覚えました…)

テイクアウト

モバイルオーダー_注文確定

別日は、テイクアウトを使ってみました。

注文から決済までは、テーブル番号を入力する必要がないこと以外は店内利用とほぼ同じでした。

マックへ向かう道すがら、アプリで注文を確定し、お店についてアプリの注文番号を見せるだけで、商品をすぐ受け取ることができました。

テイクアウトの場合は、お店までの移動時間などをちゃんと考慮して注文した方がよさそうです。

マックのモバイルオーダーでPayPayを使った感想

実際に、マックのモバイルオーダーの店内利用とテイクアウトでPayPayを使ってみましたが、結論としては非常に便利でした。

特に店に並ぶ必要もなく、注文から決済までが全てアプリ内で完結する点が便利でした。

またPayPay側もスムーズに起動、決済まで行えたので、特に困ることもありませんでした。

1つだけ懸念点を挙げるとするならば、今回はキャンペーン中だったので、PayPay残高払いでもOKでしたが、モバイルオーダーでは、PayPay残高払いしか利用できないため、還元率が0.5%に下がってしまいます。

そのため、今回のようなPayPayの高還元キャンペーン時のみ、マックのモバイルオーダーではPayPayを利用し、キャンペーン期間以外は、Visa LINEPayカードのような3%還元のクレカ払いをするのが良いでしょう。

【必見|公式よりも高い特典がもらえる発行方法とは?】

公式よりおトク?!LINEクレカ発行で3,000円もらう方法とは?
LINE(Visa LINEPayカード)は、とんねるずの石橋貴明さんのCMも流れ、今注目度が集まっています。現在、LINEクレカを新規発行すると、1,000円分のポイントが付与されます。しかし、実は1,000ポイントよりも高い3,000円分がもらえる発行方法があります。それは、ポイントサイト「moppy」経由でLINEクレカを発行することです。

10~11月のモバイルオーダーはPayPayを使うべき

超PayPay祭

10月17日(土)~11月15日(日)の期間中、PayPayのサービス開始2周年を記念した「超PayPay祭」が開催されています。

このキャンペーンでは、

  • 対象の実店舗/オンライン決済で高還元
  • 初日とラスト2日間のみ100%還元のPayPayジャンボ
  • 毎日1回引ける超PayPayくじ

などの、おトクな特典が盛りだくさんです。

【まとめ】PayPayジャンボ
期間 ・10/17(土)
・11/14(土)~15(日)
抽選対象 PayPay加盟店(実店舗)/ネットストア/請求書払いでの以下の支払い
・PayPay残高払い
・ヤフーカード払い
・PayPayあと払い(一括のみ)
還元率 【1等】100%
【2等】10%
【3等】2%
還元上限 それぞれ10万円/回・期間
付与特典 PayPayボーナス

【超PayPay祭の詳細はこちら⇩】

超PayPay祭まとめ、対象店舗と還元率、PayPayジャンボを解説!
超PayPay(ペイペイ)祭は、サービス開始2周年を記念し、10月17日(土)から11月17日(日)の期間中に開催されるPayPayの高還元キャンペーンです。キャンペーン対象の実店舗、オンライン決済やPayPayピックアップでPayPay決済をすると還元特典が受けられます。本記事では、超PayPay祭の還元率や対象店舗、PayPayジャンボについて解説します。

マックのモバイルオーダーも還元対象

PayPay_マック_モバイルオーダー_超PayPay祭

さらに本キャンペーンの還元対象には、マックのモバイルオーダーでのPayPay決済も含まれています。

キャンペーン期間中に、マックのモバイルオーダーでPayPay決済をすると、誰でも10%以上還元されます。

ただし、先ほども述べましたが、モバイルオーダーで使えるのは、PayPay残高払いのみですので、事前にチャージするなどしておきましょう。

対象店舗 還元率 還元上限 【独自】利用目安額
※ラスト2日間は除く
マクドナルド
※モバイルオーダーペイのみ
  • 10%
  • 20%(ラスト2日間のみ)
  • 500円/回
  • 2,000円/期間
  • 1,000円/期間(ラスト2日間のみ)
~10,000円まで

【注目】ラスト2日間は還元率UP

超PayPay祭_ラスト2日間

「超PayPay祭」のラスト2日間の、11月14日(土)と15日(日)のみ、モバイルオーダーでのPayPay利用における還元率が20%(10%UP)になります。

※還元上限は、ラスト2日間のみ、1,000円に変わるので、注意してください。

同時に、ラスト2日間は1等当選で100%還元のPayPayジャンボも実施されるので、非常にねらい目です。

【注目】Softbank/ワイモバ/ヤフープレミアム会員はさらに還元率UP

超PayPay祭_マクドナルド

さらに、以下の3つのユーザーは、モバイルオーダーでのPayPay利用における還元率が10%UPします。

  • Softbank
  • ワイモバイル
  • ヤフープレミアム会員

特にラスト2日間は、他ユーザーが20%還元であることに対し、Softbank/ワイモバ/ヤフープレミアム会員は30%還元にUPします。

そのため、キャンペーン特典は、通常ユーザーに比べて、常時10%還元率が高いです。

ユーザー区分 還元率
10/16~11/13 11/14~11/15(ラスト2日のみ)
  • Softbank
  • ワイモバイル
  • ヤフープレミアム会員
20% 30%
上記以外のユーザー 10% 20%