6gramとは?Kyashとの違いやメリット、招待からチャージ方法まで解説!

6gram(ロクグラム)とは

6gram

最近、キャッシュレス界隈で注目を浴びているのが、6gram(ロクグラム)というサービスです。

6gram(ロクグラム)は、mixiが運営するプリペイドカードアプリです。

アプリ内でバーチャルカードを何枚でも発行でき、グループで共有して利用することができます。

名前は「今までのカード(5グラム)に1グラムを追加する」ということで、6gram(ロクグラム)という名称になったようです。

※通常のクレカやデビットカードの重さは約5グラム

2019年にサービスを開始してから、招待制のサービスとして広がりつつあり、特にキャッシュレス界隈で利用する人が増えているようです。

発行ブランドはJCBとなっており、ApplePayやGooglePayにも対応しています。近日中に、リアルカードも登場するようです。

6gram(ロクグラム)まとめ
還元率 0%
発行手数料 0円
オンライン決済
オフライン(店舗)決済 ×(近日対応予定)
決済上限 ~10万/月 or ~50万円/月
本人確認 任意
カードブランド JCB
ApplePay/GooglePay対応 〇(QUICPay)

今回は、そんな6gramを以下のテーマに沿って解説していきます。

  • 6gramのメリット
  • 6gramとKyashの比較
  • 6gramのセットアップ
  • 6gramの機能

【裏技|無料でPASMOの還元率を3%にする方法⇩】

【裏技】6gramでPASMO(パスモ)へのチャージを還元率3%にする方法
6gramでPASMO(パスモ)へのチャージを還元率3%にする裏技です。6gramはmixiが発行するプリペイドカードです。招待制ですが招待リクエストを送ると発行できます。6gramにVisa LINEPayカードからチャージした後、6gramからPASMOにチャージすることで実質的にチャージ額が3%還元がされます。

6gramのメリット

6gramのメリットは以下の3つです。

  1. プリペイドカードが何枚でも発行可能
  2. 年会費/発行手数料が無料
  3. Visa LINEPayカードの還元対象

プリペイドカードが何枚でも発行可能

6gramは、アプリ内でプリペイドカードを何枚でも発行できます。

新しく発行するカードは、それぞれ番号が異なっており、さらにカード名を好きな名前に変更可能です。

そのため「プライベート用」や「移動用」など、各用途に分けて使用することができます。

また、発行したプリペイドカードは招待した友達などと共有できます。

6gramのカード番号確認方法

6gram_Suica_チャージ

6gramのプリペイドカードにはそれぞれ番号が振ってあります。

このカード番号さえわかれば、他のサービスでも6gramを共有して利用可能です。

【番号確認方法】

  1. 確認したいプリペイドカードを選択
  2. 右下のインフォメーションマークを選択

年会費/発行手数料が無料

6gramの年会費/発行手数料は無料です。

6gramと似た「Kyash」というプリペイドカードは900円の発行手数料がかかりますが、6gramは利用に際し、一切お金はかかりません。

クレカチャージの還元対象

キャッシュレス界隈で人気の理由が、6gramへのチャージがクレカの還元対象となっていることです。

通常、Visa LINEPayカードや楽天カードといったクレカからプリペイドカードへのチャージは、還元対象外となっていることが多いです。

実際に、6gramと似た「Kyash」というプリペイドカードへのクレカチャージは、還元の対象外となってしまうケースがあります。例えば、3%還元のVisa LINEPayカードからのチャージは還元対象外です。

一方、6gramにVisa LINEPayカードからチャージしても、3%還元を受けることができるようです。

そのため、Visa LINEPayカード→6gram→Suicaへのチャージが3%還元となるということが注目を集めています。

【裏技|6gramでSuicaチャージを3%還元にする方法⇩】

【裏技】6gramでSuicaへのチャージを還元率3%にする方法
6gramでSuicaへのチャージを還元率3%にする裏技です。6gramはmixiが発行するプリペイドカードです。招待制ですが招待リクエストを送ると発行できます。6gramにVisa LINEPayカードからチャージした後、6gramからSuicaにチャージすることで実質的にチャージ額が3%還元がされます。

6gramとKyashの比較

Kyash

6gramと似たプリペイドカードに株式会社Kyashが発行する「Kyash」があります。

Kyashは、以下の3種類があります。

  • Kyash Card
  • Kyash Card Lite
  • Kyash Card Virtual

ここでは、リアル店舗とオンラインで利用できる「Kyash Card」と、オンラインのみで利用できる「Kyash Card Lite」と6gramを比較してみます。

6gram Kyash Card Kyash Card Lite
還元率 0% 1% 0.5%
発行手数料 0円 500円 300円
オンライン決済
オフライン(店舗)決済 ×(近日対応予定) ×
決済上限 ~10万/月 or ~50万円/月 30万円/回、100万円/月 5万~10万円/回、12万~15万/月
本人確認 任意 必須 任意
カードブランド JCB VISA VISA
ApplePay/GooglePay対応 〇(QUICPay) 〇(QUICPay) 〇(QUICPay)

Kyashとの比較から見える6gramのメリット・デメリットは以下です。

【メリット】

  • 発行手数料がかからない
  • 本人確認が任意なので発行手続きが簡単

【デメリット】

  • 還元率がない
  • オフライン(店舗)決済は未対応
  • 決済上限が若干低い

ただし、KyashへのVisa LINEPayカードなどのクレカチャージは、還元対象外となる一方、6gramへのチャージは還元対象となるメリットもあります。

お互いにチャージは不可

6gramからKyashにチャージすることはできません。

なぜなら、Kyashにチャージできるカードブランドは、「VISA」か「MasterCard」ブランドの2つのみであり、6gramはJCBブランドだからです。

逆にKyashから6gramにチャージすることもできません。

その理由は、6gramにチャージできるのは、3Dセキュア認証に対応したクレカのみであり、Kyashは3Dセキュアに対応していないためです。

一方、Visa LINEPayカードを経由してSuicaやPASMOなどにチャージした場合、Kyashは還元対象外ですが、6gramはVisa LINEPayカードを経由してチャージしても、LINEポイントが還元されます。

そのため、SuicaやPASMOに還元があるチャージ方法として、Kyashよりも6gramが重宝されています。

6gramの招待からセットアップ方法

6gram_招待

6gramは招待制だが…

6gramは招待制です。

しかし、現在は6gramをダウンロードした後、運営側に招待リクエストを送れば、誰でも利用できるようです。

実際に筆者も運営側に招待リクエストを送信したところ、翌日に参加URLが送られ、無事にインストールすることができました。

6gramのアプリをダウンロード後、電話番号を入力するだけで、招待リクエストを送ることができます。

6gramのセットアップ

以下の手順で6gramをセットアップしていきます。

  1. 6gramをダウンロード
  2. 招待リクエストを送信
  3. SMSから会員登録

6gramをダウンロード

6gramのダウンロードはこちら

招待リクエストを送信

ダウンロード後、電話番号を入力して招待リクエストを送信します。

約1日後に招待URLはSMS上に届きます。

SMSから会員登録

6gram_招待

アプリから電話番号を入力して招待リクエストを送ると、SMSに招待リンクが送られてきます。

SMSのURLをクリックすると、上記のようなレシート形式の招待ページに遷移するので、下部「アプリをはじめる」でアプリを起動します。

アプリ起動後は、名前や電話番号などを入力して会員登録を済ませてください。

会員登録が済めば、利用可能となります。

友達の招待方法

6gramの会員登録ができたユーザーは、誰でも6gramに招待することができます。

【招待方法】

  1. 右下の「アカウント」を選択
  2. 招待「友だちを追加」を選択
  3. 「QRコード」もしくは「招待URL」を送信

6gramの機能

6gramの機能について、以下の3点で紹介します。

  1. 6gramの支払い方法
  2. 6gramのチャージ方法
  3. 6gramのカードブランド

6gramの支払い方法

6gramは、アプリ内で発行するプリペイドカードです。

そのためカード番号を使えば、アプリ内やECなどのネット決済で利用可能です。

また、ApplePayとGooglePayとも連携しており、追加するとQUICPay機能でリアル店舗でも利用できます。

ApplePay/GooglePayへの追加方法

6gram_ApplePay

  1. 発行済みのプリペイドカードを選択
  2. ポップアップ下の「カード設定」を選択
  3. 「6gramをApplePay/GooglePayに追加する」を選択
  4. 電話を使った認証手続きが完了すれば追加完了

6gramのチャージ方法

6gramは以下の4つの方法でチャージできます。

  1. クレカ
  2. 銀行
  3. セブン銀行ATM
  4. ApplePay/GooglePay

なお、チャージ金額は1,000円以上で、本人確認の有無によってチャージ額と利用上限が変わります。

本人確認の有無 保有金額・チャージ上限金額 ご利用上限額
有り 500,000円 100,000円~500,000円
無し ~100,000円 ~100,000円

【6gramへのチャージ手順】

  1. チャージ方法を選択
  2. チャージ金額を選択
  3. 下の「長押しでチャージ」ボタンを長押し

クレカ

6gramにチャージできるクレカは、以下の条件があります。

  • 3Dセキュア認証に対応
  • カードブランド:VISA/MasterCard

6gramにチャージできるクレカは、「3Dセキュア認証」への対応が必須です。

またチャージできるカードブランドは、VISAとMasterCardブランドのみです。

JCBやアメックス、ダイナースなどのクレカでは6gramにチャージできません。

クレカからのチャージ方法

6gram_Visa LINEPayカード_紐付け

 

6gramに紐づけたクレカからチャージします。

【チャージ方法】

  1. プリペイドカードの「チャージ」を選択
  2. チャージ元を「クレジットカード」に指定
  3. 紐づけしたいクレカ情報を入力し、3Dセキュア認証手続きを実行
  4. 認証が済めば、紐づけ完了

銀行

6gramにチャージできる銀行口座は以下の6つです。

  • 三井住友銀行
  • 三菱UFJ銀行
  • みずほ銀行
  • りそな銀行
  • 埼玉りそな銀行
  • 関西みらい銀行

6gramに銀行口座からチャージする場合は、上記の銀行のWebサービスを連携することでチャージすることができます。

セブンATM銀行

セブンATM銀行から現金で6gramにチャージすることができます。

1,000円以上からチャージ可能です。

【セブンATMからのチャージ方法】

  1. セブンATMのQRコードを読み取り
  2. 企業番号を入力
  3. チャージ金額を入金

ApplePay/GooglePay

ApplePayとGooglePayに登録したクレカやプリペイドカードからチャージすることができます。

アプリをインストール後、チャージ先にApplePay/GooglePayを選択してください。