Kyash改悪で還元率は0.2%に減少、クレカからのチャージは不可能に

Sponsored links

【最新】Kyash改悪、クレカチャージは0.2%還元に

Kyash_改悪

2021年1月28日(木)に、Kyashの新しい還元率が発表されました。

2月4日(木)から、以下の変更が実行されます。

  1. (2/4〜)銀行口座からの指定日自動入金をスタート
  2. (2/4〜)登録カードを使った指定金額入金機能の廃止
  3. (2/4〜)ゆうちょ銀行との接続再開および住信SBIネット銀行との接続開始
  4. (2/10〜)決済時のポイント還元率の一部変更

注目すべきは、「決済時のポイント還元率の一部変更」です。

これは、クレカチャージの還元率が0.2%になるという改悪です。

さらに、クレカチャージで得た「Kyashバリュー払い」の還元上限額も、100ポイントに減少しました。

チャージ方法 還元率 還元上限
銀行口座やコンビニなどの現金チャージ(Kyashマネー) 1% 1,200ポイント
クレカやKyashポイントなどのチャージ(Kashバリュー) 0.2% 100ポイント

これらにより、クレカチャージによるポイント2重取りのメリットが大きく失われてしまいました。

※公式プレスリリースはこちら

1/28(木)発表のKyash改悪は、下記記事に詳細がありますので、こちらをご覧ください。

【最新:Kyash改悪でのKyash送金先やおススメの代替クレカの紹介⇩】

【Kyash改悪】1%→0.2%還元に、おススメの残高送金先や代替の乗り換えカードも紹介

【Kyash改悪】還元上限変更と残高利息の新機能を発表

Kyash

先日、3Ⅾセキュア認証に対応したKyashですが、12/1(火)にサービスの変更を発表しました。

その内容は、

  1. Kyashの還元上限額を変更(減少)
  2. 新サービス「残高利息」機能の発表

という、改悪と新機能の発表でした。

今回は12/1にあったKyashのサービス変更内容をまとめ、今後のKyashの位置づけ及び代替クレカを紹介します。

【Kyash改悪❶】還元上限額が1,200→500ポイントに減少

Kyash改悪_還元上限

Kyashは12/11(金)より、KashCardにおけるこれまでの月1,200ポイント付与上限を、月500ポイントに変更することを発表しました。なお、KashCardLite及びVirtualの還元上限も、600ポイントから250ポイントへ、同じく還元上限額が減少となりました。

つまり、これまで12万円まではKyashの1%還元恩恵を受けることはできましたが、12/11以降は月5万円までしか還元対象とならないということになり、これは大きなKyash改悪といえます。

ネット上では、「Kyash改悪」といったワードが、Twitterのトレンド入りするなど、ユーザー内では非常に反発が強い発表となりました。

ただし、Kyashを5万円以上利用しないユーザーにとってはそこまで大きな問題ではありませんし、3%還元のVisa LINEPayカードや、現在11%還元のセゾンパール・アメックスカード(デジタル版)など、他の高還元クレカもあります。

直近の3Ⅾセキュア認証対応により、楽天カード→Kyash→6gram→モバイルSuicaなど、ある程度は多重ポイント取りのキーカードとしてある程度は活躍するでしょう。

【Kyash改悪】Kyashは解約すべき?Kyashの解約方法と代替クレカ5選を解説!

【Kyash改悪❷】クレカからKyashへのチャージが不可に、ただし延期決定

クレカ

また、12月8日(火)から、Kyashに登録したカードからチャージする機能も廃止することを発表しました。

つまり、クレカを含むカードからKyashへチャージすることはできなくなり、銀行口座からのみしかチャージできなくなってしまうということです。

登録カードを使った指定金額入金機能の廃止
2020年12月8日(火)より、指定金額を登録カードから入金する機能を廃止いたします。月や週の予算を設定し、あらかじめ入金するという使い方をされていたお客さまにおかれましては、今後は銀行口座入金をご利用ください。

なお、決済における残高の不足時に、リンクしたカードを使って差額の決済が行われる機能(カードリンク機能)は引き続きご利用いただけます。

出典:一部サービス変更を伴うアップデートのお知らせ

一方、決済時の不足分を紐づけたカードを利用して決済する「カードリンク機能」は維持されます。

そのため、クレカからのチャージができなくなった一方で、紐づけてさえいれば、実質的にクレカで支払うことができるということです。

ただし、その後の公式発表から、チャージ機能廃止を延期することが発表されました(※追記:廃止時期は2021年2月10日に決定)。

そのため、現時点ではクレカからチャージすることはできますが、今後チャージが銀行口座からのみしかできないように変更されます。

■ 登録カードを使った指定金額入金機能廃止の見直し
2020年12月8日(火)より、指定金額を登録カードから入金する機能を廃止するご案内をしておりましたが、廃止を延期させていただきます。廃止のスケジュールについては追ってご連絡いたします。

出典:Kyash「残高利息」サービスの内容見直しおよびその他アップデートについて

KyashからTOYOTAWalletへのチャージは1%還元対象!Suicaへの還元にも有効

【新機能】年利1%の残高利息サービス、ただしこちらも延期

Kyash改悪_利息残高

12/1の発表では、Kyashの改悪ばかりに注目が集まりましたが、一方で、Kyashの新機能も発表されました。

それが、年利1%の「残高利息」を毎月付与するサービスです。

これは、銀行口座経由でKyashにチャージした残高に対し、1%の利息が付与されるという機能です。つまり、Kyashに銀行口座からチャージして保持しているだけで、毎月1%分の利息がもらえるというサービスです。

残高利息は、下記4つから入金されたKyashマネー残高のみが対象です。

  1. 銀行口座
  2. セブン銀行ATM
  3. コンビニ
  4. ペイジー

毎月1日に、Kyash残高として利用できるKyashバリューが付与されます。

本来は、前月に1回以上の決済が、残高利息を得る条件としてありましたが、リリース月の12月のみ、本人確認アカウントを持つユーザーであれば誰でも付与対象となることとなっていました。

しかし、こちらの新サービスも、カードによるチャージ機能廃止の延期と同様に、12/8のサービスリリースの中止と、サービス名称及び内容を見直すということになりました。

■ 「残高利息」サービスの内容見直し
12月1日(火)付で「残高利息」サービスのご案内をいたしましたが、各方面より大変多くの反響をいただき、当初想定していなかった混乱が生じる懸念があることなどを踏まえ、予定していた12月8日(火)からのサービスリリースを一旦中止し、サービス名称及び内容を見直すことといたしました。

お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解賜りますよう何卒よろしくお願いいたします。

なお、12月1日以降に銀行口座などから入金を実施されたお客さまにつきましては、近日中に別途ご案内をさせていただきますので、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

出典:「残高利息」サービスの内容見直しおよびその他アップデートについて

2つのサービス変更延期における違い

特にカードによるチャージ機能廃止の延期と、新機能の残高利息サービスの延期において異なる点は、前者はサービス変更の延期のみを伝えている一方、後者は「サービスリリースを一旦中止し、サービス名称及び内容を見直す」という、サービス中止や内容の見直しの検討までを示唆している点です。

新機能の残高利息サービスは、発表後に急いでKyashに入金したユーザーに対し、サービス延期に伴う出金対応を想定してか、近日中にKyash公式から対応措置について発表があるようです。

※ポイント還元上限の変更は、12/1の発表通りに、12/11より変更

【過去のKyash還元率変更の記事はこちら⇩】

Kyashの還元率が0.5~1%に!?Kyash還元率変更の理由とは?

3ⅮセキュアのKyash→6gram→Suicaチャージで活躍

Kyash_3Dセキュア認証

還元上限が減り魅力が失われたKyashですが、直近では3Dセキュア認証に対応したことで、Kyash→6gram→モバイルSuicaへのチャージが可能となりました。

6gramとは、mixiが運営するデジタル版のプリペイドカードです。Kyash→モバイルSuicaへのチャージは、還元対象外となりますが、Kyash→6gram→モバイルSuicaへのチャージ経由では、Kyash→6gram間でKyashの1%還元が発生します。

今後はモバイルSuicaへのチャージなど、高額な金額を使用しない場面での活用がおススメです。

【Kyashが3Dセキュア認証に対応⇩】

Kyashが3Ⅾセキュア認証に対応!6gramへのチャージ可能で2重取りも実現

【Kyashの1%還元体対象、招待制のプリペイドカード「6gram」とは?】

6gram(ロクグラム)とは?Kyashとの違いやメリット、招待からチャージ方法まで解説!

【裏技:モバイルSuicaの還元率を3%にする方法⇩】

【裏技】6gramでSuicaへのチャージを還元率3%にする方法

Sponsored links

Kyash改悪で代わりになるおススメクレカ

セゾンパール・アメックスカード(デジタル版)

改悪となったKyashの代わりにおススメのクレカとして、最近発表されたばかりのセゾンパール・アメックス・カード(デジタル版)をご紹介します。セゾン初のナンバーレスカードとして注目を集めています。

主な特徴として、

  • 最短5分で発行&実質年会費無料
  • QUICPay利用で基本3%還元
  • 新規入会キャンペーンで最大11%還元

という3つがあります。

【セゾンパールアメックスカードの詳細はこちら⇩】

【常時3%還元】セゾンパール・アメックスカード(デジタル)とは?新規入会キャンペーンや還元率、メリットを解説!

最短5分で発行&実質年会費無料

セゾンパール・アメックスカード(デジタル版)_スペック

セゾンパール・アメックス・カード(デジタル版)の大きな特徴は、デジタル版とあるように、スマホ発行からアプリでカード管理できる点です。最短5分で発行でき、発行後は全てアプリで管理可能です。

筆者も実際に発行してみましたが、5分で発行とまではいかないながらも、翌日には審査通過が通知され、アプリ内で発行することができました。従来の物理カードとは違い、発行からスグに利用できる点が非常に便利です。

また、年1回以上の利用で翌年の年会費が無料となるため、実質年会費無料です。

QUICPay利用で基本3%還元

セゾンパール・アメックスカード(デジタル版)_基本還元率

セゾンパール・アメックス・カード(デジタル版)をおススメする理由は、QUICPay利用で基本3%還元であるからです。

’21年4月以降、Visa LINEPayカードの還元率が、現在の3%から1%に減少してしまいます。

そこで、同じく3%還元のセゾンパール・アメックス・カード(デジタル版)が、Visa LINEPayカードの後釜として非常に有力となります。QUICPay利用という制限はありますが、実質年会費無料で基本還元率が3%というのは非常にコスパが良いです。

※毎月のQUICPayの利用金額合計が1,000円に満たない場合は、3%対象外

新規入会キャンペーンで最大11%還元

現在、セゾンパール・アメックス・カード(デジタル版)は、2つの新規入会キャンペーンを開催中です。

  1. QUICPay利用で+2%還元(~1/5まで)
  2. 最大10,000円キャッシュバック

❶QUICPay利用で+2%還元(~1/5まで)

セゾンパール・アメックスカード(デジタル版

❶の「QUICPay利用で+2%還元」は、QUICPay利用時の還元率に+2%上乗せ、つまり5%還元になるキャンペーン内容です。~1/7までの期間限定です。

特典 Apple Payまたはセゾン・UCカードQUICPayのご利用分を2%相当(永久不滅ポイント4倍)還元
特典対象 2020年11月24日(火)~2021年1月5日(火)申し込み分まで
カード発行月の翌月末までのQUICPayご利用分が還元対象

❷最大10,000円キャッシュバック

セゾンパール・アメックスカード(デジタル版)_入会者特典

❷の「最大10,000円キャッシュバック」は、以下条件を満たすと、発行月から最大5ヵ月間毎月2,000円キャッシュバックされるキャンペーンです。

期間 2020年11月24日(火)~2021年1月5日(火)
特典 期間中、月30,000円(税込)以上ショッピング利用で、連続3ヵ月間、毎月2,000円をキャッシュバック
特典対象 特典①の条件をクリアのうえ、発行月を含めて5ヵ月以内に以下指定の携帯電話、電気料金、動画配信のうち、いずれかの支払いに登録すると、さらに追加で2ヵ月間、毎月2,000円をキャッシュバック

<特典対象加盟店>
【携帯電話】
docomo、au、Softbank、Y!mobile、UQ mobile、LINE mobile
【電気料金】
北海道電力、東北電力、東京電力、北陸電力、中部電力、関西電力、中国電力、四国電力、九州電力、沖縄電力
【動画配信】
hulu

QUICPay利用の基本還元率と、2つのキャンペーンを合わせると、最大11%還元も達成できます。

【11%還元の内訳】

  • QUICPayの基本還元率:3%
  • QUICPayの追加還元率:2%
  • 月30,000円で2,000円キャッシュバック:6%

さらに12月限定で、moppy経由で発行すると、6,000円分のポイントがもらえるので、発行するなら今が非常におトクです。

【レポ:国内初のナンバーレスカードを発行してみた】

【常時3%還元】セゾンパール・アメックスカード(デジタル)とは?新規入会キャンペーンや還元率、メリットを解説!

Sponsored links

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする

関連記事

  1. Kyash改悪
    【Kyash改悪】1%→0.2%還元に、おススメの残高送金先や代替の乗り換えカードも紹介
  2. Kyash改悪
    【Kyash改悪】Kyashは解約すべき?Kyashの解約方法と代替クレカ5選を解説!